日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > “筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学  > 片側ずつ交互に鍛える“ユニラテラルトレーニング”を取り入れるコツ
印刷

“筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学

片側ずつ交互に鍛える“ユニラテラルトレーニング”を取り入れるコツ

第43回 バイラテラルとユニラテラル(後編)

 コーチング・クリニック(ベースボール・マガジン社)

 “筋肉博士”石井直方先生(東京大学教授)が、筋肉のメカニズムや機能を毎回わかりやすく解説していきます。今回も、「両手・両足で同時に行うトレーニング」(バイラテラル)と「片手・片足ずつ交互に行うトレーニング」(ユニラテラル)の違いについて見ていきます。
 前回は、「普段のトレーニングではバイラテラルトレーニングを重視すべき」と書きましたが、実際のスポーツの動作の多くはユニラテラルです。バイラテラルだけでは、むしろ動作への対応性が落ちてしまうことも考えられます。

バイラテラルトレーニングでも左右対称を意識するべき

ダンベルなどを使うと、体幹の回旋や肩甲骨の動きなども利用しながら負荷を上げられるので、バイラテラルよりも自由度が高くなる。(©Wavebreak Media Ltd-123rf)

 前回はバイラテラル(両側性)トレーニングとユニラテラル(一側性)トレーニング、そしてバイラテラルディフィシット(両側性欠損。両側性の筋力発揮をしたときは、片側ずつの足し算よりも合計が小さくなるという現象)について説明しました。

 両側性欠損について、少し補足しておきましょう。かつて私の研究室にいた小林雄志君という学生(現在は立命館大学 講師)が、スクワットを行ったときの筋力の左右非対称性を調べる実験を行いました。地面からの反力を測る“フォースプレート”の上で被験者にスクワットをさせ、左右それぞれでどのくらいの力を発揮しているのかを測定しました。すると、度合いの差はあったものの全員に左右非対称性が表れ、それは負荷が重くなればなるほど顕著になる傾向があることがわかりました。

 前回、「ユニラテラルトレーニングは左右非対称性を増悪させる危険性がある」と書きましたが、スクワットのような両側性のトレーニングでも非対称性は表れてしまうのです。そして、その状態を放置していると、トレーニングのときだけではなく、スポーツの場面で障害の危険性が上がってくることもわかってきました。

 つまり、バイラテラルトレーニングであっても、常にフォームや力の出し方などに注意を払いながら行ったほうがいい、ということになります。フォースプレートなどを利用できればベストですが、それは高価すぎますし、置き場にも困るので、現実的には目の肥えている人にチェックしてもらったり、鏡を見ながら自分で修正したりするしかないでしょう。スクワットやベンチプレスのようなシンプルな動作であれば、どちらか一方に傾いていたり、体重がかかっていたりすると視覚的にもわかります。微妙なブレをしっかり確認し、なるべく左右対称になるように意識することが、ケガ防止の第一歩だと思います。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.