日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > “筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学  > 左右の筋肉がアンバランスだと感じる人のトレーニング法
印刷

“筋肉博士”石井直方のやさしい筋肉学

左右の筋肉がアンバランスだと感じる人のトレーニング法

第42回 バイラテラルとユニラテラル(前編)

 コーチング・クリニック(ベースボール・マガジン社)

“筋肉博士”石井直方先生(東京大学教授)が、筋肉のメカニズムや機能を毎回わかりやすく解説していきます。筋トレには大きく、「両手・両足で同時に行うもの」と「片手・片足ずつ交互に行うもの」があります。普段のトレーニングでは、どちらのトレーニングを重視すべきなのでしょうか。特に、左右の筋肉がアンバランスと感じている人は意識する必要があります。

左側の筋力+右側の筋力=両側の筋力とはならない

ボート選手は、両足でプレートを押しながら、両腕でオールを引く。つまり、両手・両足を同時に使うバイラテラルトレーニングだ。(©Ivan Smuk -123rf)

 筋力トレーニングの種目にはいろいろな種類がありますが、大きく分けると両手・両足で同時に行うものと、片手・片足ずつ交互に行うものとがあります。前者を「バイラテラル(両側性)トレーニング」、後者を「ユニラテラル(一側性)トレーニング」といいます。

 基本的な種目でいうと、バーベルを用いるものはバイラテラル、ダンベルの場合は、バイラテラルとユニラテラルの両方が可能です。どちらがいいということではなく、それぞれの特徴を理解して使い分けることが大切です。

 まず知っておかなければいけないのは、両側性の筋力発揮をするときは、片側ずつ筋力発揮をしたときの足し算よりも、合計が小さくなってしまうという生理学的な現象があることです。これを専門的な言葉で「両側性欠損(バイラテラルディフィシット)」といいます。

 例えば、左右の手で握力を測り、それぞれ30kgという数値が出たとします。そこで両手同時に握力計を握ると60kgという値が出るのではないかと期待してしまいますが、実際にはそうならず、左右の合計の90%程度の筋力になってしまいます。つまり、左右それぞれが30kgを切る値になってしまうのです。筋力だけでなく、パワーでも同様のことが起こります。

 両側性欠損の原因は、はっきりとはわかっていませんが、おそらく脳の中の問題だと考えられています。両側を使って動作を行うことは、それだけ脳の広い領域を使わなければならないため、脳にとってある種の負担になるのではないかと考えられます。

 もう一つの推論は、片側を欠損させたほうが身体にとって都合がいいのではないかというものです。というのも、完全に左右対称という状態は身体としてありえません。対称であるほうが好ましいと思ってしまうところですが、心臓は身体の中心より左側にありますし、肝臓は右側に寄っています。このように身体のつくりそのものが、もともと非対称なのです。両側同時に動作を行うときも、どうしても筋力の弱いほうに強い負担がかかってしまうので、自動的に弱いほうにそろえるような力発揮の仕組みが備わっているのかもしれません。

1/2 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト 日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.