日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 原 如宏の「話題の健康ツール試し斬り」  > 眠りの質向上に期待! 最新型の活動量計「UP3」を試す  > 6ページ

原 如宏の「話題の健康ツール試し斬り」

眠りの質向上に期待! 最新型の活動量計「UP3」を試す

睡眠時間が短いと早寝を促すアドバイス

 原如宏=ITライター

 個人的に気になったのは、運動目標として利用できる指標が歩数だけということだ。自転車で移動していると、歩数が標準の目標値である1万歩に満たないことがよくある。先だって、友人と120kmほどサイクリングに出かけた日が、まさにそれ。6時間も自転車に乗っていたのに、計測されたのは5700歩ほどの歩数だけだった。サイクリング中の消費カロリーは2000カロリーを超えていたのに、UP3に記録された運動目標の達成度は57%という結果になった。運動しているのに、目標をクリアしていないようにみえてしまい残念だ。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート
日経グッデイ春割キャンペーンG

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.