日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 原 如宏の「話題の健康ツール試し斬り」  > 眠りの質向上に期待! 最新型の活動量計「UP3」を試す  > 5ページ

原 如宏の「話題の健康ツール試し斬り」

眠りの質向上に期待! 最新型の活動量計「UP3」を試す

睡眠時間が短いと早寝を促すアドバイス

 原如宏=ITライター

活動量の測定は歩数が中心

 一方で活動量の測定機能は、従来機種と大きくは変わらないように感じた。本体を腕に装着すると、内蔵の加速度センサーが動きを検知し、歩数を測定し続ける。測定した歩数のデータは、一定間隔で接続しているスマホ(今回はiPhone 5s)と同期される仕組みだ。本体にディスプレイがないため、データの確認にはスマホアプリを起動しないとダメだ。現在の状況をサッと確認するのは難しいが、1日の目標歩数をクリアすると、本体がブルブルと震えて教えてくれる。


続きは「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方のみ、
ご利用いただけます。

この記事の概要

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート
人生100年時代プロジェクト

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.