日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 観月ありさの「大人の美女メンテ!」  > ロケの底冷えにも負けない! ミヅキ流「万全冷え対策」  > 2ページ目
印刷

観月ありさの「大人の美女メンテ!」

ロケの底冷えにも負けない! ミヅキ流「万全冷え対策」

使い捨てカイロの大量活用でツボも温めます!

 観月ありさ

おばんざいでバランスのいい食事、撮影現場ではうどんで体の中から温めます

 体の中からエネルギー(熱)を効率よく生み出すためにも、エネルギー源となる糖質(炭水化物)、タンパク質、脂質だけでなく、エネルギー産生を助けるビタミンやミネラルもきちんと摂取するよう心がけています。

 その点、京都は「おばんざい」(昔から京都の一般家庭で作られてきたお総菜)を出す食べ物屋さんが多いので助かっています。京都といえば、湯豆腐も有名。湯豆腐懐石だと、いろんな小鉢が出てくるので、やはりいい感じにバランスの良い食事がとれます。それに、湯豆腐はアツアツで、食べると即、体が温まるのがうれしいですよね。

 今の撮影現場では、お昼に温かいおうどんをいただくことが多いです。柚子コショウや一味や七味を入れたら、もう最高! 午後の撮影へのモチベーションが一気にアップします。

 体を温め、バランスよく栄養を摂れる冬の食事といえば、鍋も外せません。京都滞在中は食べ物屋さんでいただきますが、東京では自分でも作ります。私の冷え対策の一押しは、キムチ鍋。唐辛子のカプサイシン効果で体が温まります。ところで、みなさんはお鍋の中のお肉に何か不満を感じたことはありませんか? シャブシャブみたいに、短時間だけ火を通してすぐに食べてしまえば問題ないけれど、お鍋の中に浸かってる時間が長くなるにつれて、お肉はパサパサで味もなんだか抜けちゃってる感じ…。そこで、お薦めしたいのが、お鍋に入れる前にお肉だけをフライパンで空炒りすること。お肉の表面がカリッとすることで、お鍋の中でもお肉のジューシーさが保たれますよ。

一度に11枚使用の使い捨てカイロ

 そして、冬の京都での撮影で手放せないのが「使い捨てカイロ」。

 私が貼っているのは、(1)おへそから指4本下あたりにある関元のツボ(冷えのほか、女性特有の不調にも効くツボ)、(2)ウエストの一番細いところ(男性の場合は、体に腕をつけたときに肘が位置する辺り)の高さの背骨から両側に指2本分外側にある腎兪(じんゆ)のツボ(冷えのほか、腰痛や腎臓の働きをよくするツボ)。(3)左右の肩甲骨の一番下のラインより少し上の高さで背骨から指2本分外の脾兪(ひゆ)のツボ(肩こりや低血圧などのツボ)辺り。(4)内くるぶしから指4本分上あたりの三陰交(さんいんこう)のツボ(女性特有の不調を改善するツボとして有名ですが、足の冷えに効果があるツボ)辺り。(1)以外は各2枚使うので、計7枚。

台本のマーカー見えますか?  撮影現場でセリフの確認です。 ココは京都のとある大学の食堂。実際、ドラマの中でも出てきますよ。お楽しみに!
台本のマーカー見えますか? 撮影現場でセリフの確認です。 ココは京都のとある大学の食堂。実際、ドラマの中でも出てきますよ。お楽しみに!

 こうしたところには、貼ってらっしゃる方も多いのでは?

 では、 過去に寒い冬ロケを何度も経験してきた私が、使い捨てカイロでいかに効率よく暖をとるか試行錯誤を重ね、発見した極めつけの貼付場所をお教えしますね。

 それは、両腿の内側の付け根(そけい部)と両脇の下辺り。発熱したときにここを冷やすと体が楽になりますが、それはここに大きな動脈や静脈が通っているから。寒いときは温めてあげると、効率のいい冷え対策となります。これも加えて、使い捨てカイロ計11枚の大量消費です。

 今回、初の新聞記者役で、ロケも多いので、ホント、カイロ様様の毎日。衣装がパンツにシャツにセーターにダウンといったラフな感じというのも助かっています。思う存分カイロが貼れますから(笑)。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.