日経グッデイ

観月ありさの「大人の美女メンテ!」

走って、泳いで、ウミガメに癒された1週間

脂肪燃焼・筋力アップと癒し効果を同時進行で

 観月ありさ

女優として、そして一人の大人の女性として、ますます輝きを増している観月ありささん。本コラムでは、好奇心旺盛で、体に良さそうなもの、ボディメイクに役立ちそうなものと出会うとすぐに試してみたくなるという観月さんに、「美と健康」をテーマに、自らが体験し、感じたことをありのままに語っていただきます。

 こんにちは。観月ありさです。このコラムへ初めてお越しいただいた方、よくぞ、いらしてくださいました! そして、先月に続きご訪問いただいた方、今月もありがとうございます!

 みなんさんはこの1カ月の間、どうお過ごしでしたか?

 私は、11月2日にミュージカル『オーシャンズ11』の大阪公演を終えてから、お休みをいただき、1週間ほどヴァカンスに出かけてきました。普通だったら、「疲れを癒してのんびり骨休め…」と続くのでしょうが、実は今回のヴァカンス、私はひとつの目標を持って出かけたのです。

 ミュージカルの期間中、私のボディはベストといえるほどの状態に引き締まり、ラインもイイ感じに整いました(詳しくは前回記事「自律神経と上手に付き合って、ぐっすり睡眠をゲット!」を参照)。せっかく整ったものは、なんとか維持したいのが女心。ヴァカンスへ行けば、食事量も酒量も跳ね上がるのが分かりきっていましたから、「維持したい」なんて軽い気持ちではなく、「絶対、キーブするぞ~!」の強い決意とともに、飛行機に乗る前夜、私はトレーニングウェアとシューズを旅行鞄の中にしっかりと収めたのでした。

1週間、1日も休まずリゾートで5キロ走

 今回、向かった先はインド洋に浮かぶモルディブ。1000以上の小さな島々が集まってできたリゾート地で、ひとつの島にひとつのホテルが基本。水上コテージから海を眺めると、視界の遥か遠くで海と空のブルーの境目がなくなり、何もない海にヨットがポツンと浮かんでいる。そこに降り注ぐ明るい光と澄んだ空気…。そんな究極の癒しの地に夜のフライトで到着した私は、コテージで寝て起きた翌日から、早速ミッションをスタートしました。

 朝食を食べ終わり、ひと息つくと、一緒に行った友人たちを引き連れホテルのジムへ直行。ストレッチで軽く体をほぐすと、海が見渡せる大きな窓際に一列に並べられたランニングマシーンに乗り、整列。「じゃぁ、始めるよ~」の私のかけ声とともに、集団マシーンジョグをスタートしたのです。

 もちろん、それぞれに体力差がありますから、スピードや走行距離は個々で設定。私は、これまでの経験から5キロ走ることにしました。日本でも、体を絞る必要に迫られたときにはジムヘ行き、筋トレ前に5キロ走るのが常。ちなみに、筋トレの後に走るときは、筋トレによって成長ホルモンが分泌され脂肪の燃焼効率が高まっているので2キロだけ走ることにしています。そして今回、5キロの走り方は、日によって以下の2パターンで。

 パターン1:横のレーンにいる友達と軽く会話ができるくらいのゆっくりしたスピードで。なおかつ途中に2回ほどウォーキングインターバルを入れ、トータルで約40分くらいで走り終えるというもの。脂肪燃焼と代謝アップを念頭に置いた走りというわけです。

 パターン2:ちょっときついと感じるくらいのスビードで500メートル走って、200メートル息を整えながらウォーキング。これを7回繰り返して、最後は100メートル走ってオシマイという、陸上選手の方とかがやられるインターバルトレーニングに少し似たスタイル。陸上選手の場合は、スピード走の部分は無酸素運動になるほどのスピードで走り、それによって心肺機能を高める効果があるとか。

 私の走り方にはそこまでの負荷はかかりませんが、同じゆっくりしたペースで長時間走るよりも、筋力アップには有効のような気がします。走り終えた後の筋肉痛が、インターバルトレーニングっぽい走り方をしたときの方が大きいのです。

 それにしても、私って、どうしてこうも、いったん始めると「とことん」になってしまうんだか…。「私って、アスリート?」と思うこともしばしば。今日は3キロまでにしておこうとか、思うには思うんですけど、走り始めると「いや、目標の5キロは走らねば!」というモードに結局なって、「ハイ、今日も達成!」の繰り返し。付き合ってくれた友人たちにはちょっと気の毒だったかな…。

 ともあれ、めでたく、モルディブ滞在中の1週間、1日も休まず5キロ走を実践したのでした。

ウミガメ君と一緒に泳いでクールダウン

 5キロ走で凝った体はマッサージを受けたり、半身浴をすることでほぐしたりもしましたが、そんなものが必要じゃないくらいに、午後には毎日、極上のクールダウンを体験することができました。

(イラスト:小塚類子)

 それは、海でゆったりと泳ぐこと。遠浅のところにヨットを停めて、シュノーケルをつけて潜ると、そこはマリンブルーの世界。自分の呼吸の音だけしか聞こえてこない静寂の中でゆったりと移動していると、「フム? 何かこっちへ来る…」。魚ではありません。アレヨ、アレヨと言う間に、6匹の野生のウミガメが私たちのすぐ近くにやってきたのです。

 そのうちの1匹は、私の真横で今にもくっつきそう。なのに、ゆったりと泳いでいるウミガメ君。ガイドさんの説明によれば、彼らが寝るのはある程度沖の方らしいのですが、藻などを食べるたるめに遠浅のところにもやって来るのだそう。

 私のことなんか気にもとめず、私の隣りでゆったりと泳ぐウミガメ君の顔を覗き込むようにしながら、私も横向きになって、ゆったりと一緒に泳ぎました。と、しばらくするとウミガメ君が斜めに上昇。私も途中まで付いていった後、海の中から観察。と、海面に口を出して「パフン」と酸素補給しているではありませんか。そして、海女さんよろしく、斜め急降下で深いところまで潜って、藻をモグモグ…。ああ、なんてかわいいウミガメ君。私の頭の中にはふいに、竜宮城に行った浦島太郎のことが浮かんできて、「ウミガメ君の甲羅に乗ってみた~い、甲羅につかまって泳いでみた~い」という衝動が…。

 でも、ダメダメ。野生のウミガメ君に人間の菌を移したら大変! かろうじて理性の方がまさった良い子の私は、再度、密着寸前の近さまでウミガメ君に近寄って行って、添い寝のような体勢でウミガメ君のかわいいい顔を見ながら泳いだのでした。

 ウミガメ君と別れ、海から上がる頃には、体が明らかに軽くなっていました。ウミガメ君のお陰ですっかり癒された私の脳内にはリラックスの脳波・α波が多く発生していたに違いありません。単に、体の筋肉の凝りをとろうとするよりも、心を一緒にリラックスさせることで、体全体の血流がさらにアップし疲労回復には効果的。癒しカラーのマリンブルーの海の中でのウミガメ君とのひとときは、私にそんなことも思い出させてくれました。

よく飲み、よく食べても、ボディラインキープ達成!

 当初の予想通り、モルディブ滞在中は、よく食べ、よく飲みました。多分、東京にいるときの1.5倍以上。日中、体を動かすし、自然に囲まれているので、食が進むんです。メニューは、イタリアンや、きっと和食なんだろうけど、不必要にバターを使ってあって…タイ料理と和食のフュージョンみたいな食べ物がほとんど。一度、ホテルのレストランにお願いして調味料を別にもらって、自分たちで割り下を作って「この味がモルディブで出せるなんて私たちなかなかだね」なんて自画自賛しながら食べたすき焼きのおいしかったこと。とにかく、よく食べた~。それでも、ボディラインキープの目標はめでたく達成です。

 今回の旅では、1日の中で、「頑張ってトレーニングしてボディコントロールする時間帯」と「ゆったりと内面を癒す時間帯」を共存させることができました。この“成功体験”は、私にとってすごく意味があるんです。

 実は、以前の私は、例えば3カ月間連続ドラマの撮影で頑張った自分の心身…というより、むしろ内面を癒すために、クランクアップ後はしばらく部屋にお籠りする感じでグータラ生活。そして、次の撮影のクランクインの2週間前になったら、そんな自分にムチを入れて短期決戦で一挙に体を絞るという感じだったんです。 グータラ生活は、私にとって、内面的なバランスをとる意味でとっても大事な時間。だけど、最近、作品と作品とのインターバルが短くなってしまって、1週間とか2週間しかお休みがない。ゆえに、これまでのパターンを実践するのは難しくて。 今回のモルディブでの体験で、1日の中で「グータラ」と「頑張る」を両立させられれば、日頃からコンスタントに心と体の管理が可能だということが分かりました。今後はこの方法にシフトするつもりです。

 というわけで、今月の私のご報告は…

 運動習慣+内面的癒しのW効果で、多少の食べ過ぎだって怖くない!

 さぁて、ネットで泳ぐウミガメ君の動画でも見ようかな。大好きなものの写真や絵を見るだけでも、脳内のα波の出現が多くなるとか。ウミガメ君の動画はこれからも私の大事な癒しツールとなりそうです。

 今月もありがとう。

 私は、この冬は京都暮らしです。来月は京都からご報告します。またね~。

(写真:石倉和夫/スタイリング:角田今日子〔Post Foundation〕/ヘア&メイク:重見幸江)
(ワンピース3万8000円〔MAX&Co./マックスアンドコー ジャパン TEL 03-6434-5101〕、ピアス13万円〔MIZUKI /A&S Inc. TEL 0800-300-3033〕)※価格はすべて税別表示

ミヅキのお仕事!

◆1月からスタートする連続ドラマ  『出入禁止(デキン)の女』に主演します!

 私が演じるのは、権力による不正に厳しい目を持ち、弱き声を救い上げた記事などで輝かしい受賞経験を持つ、新聞記者の鉄忍布(くろがねしのぶ)。でも、取材先からは取材のしつこさから“出入禁止(デキン)”を言い渡されることもしばしば…。職場でも軋轢ばかり…。
 そんな忍布と仲間たちは、時に葛藤し時に憤慨しながらも、隠された真相に迫っていきます。取材の末に明らかになるのは、意外な真犯人だけでなく、事件関係者の秘めた思いや切なくも壮絶な人間の生き様です。初めての新聞記者役。しかも、バツイチ、中学生の子供もいます。ぜひ、観てくださいね!
(テレビ朝日系列、2015年1月スタート。毎週木曜、19:58~ ※一部地域を除く)

◆過去の出演ドラマの『主題歌コレクション』  好評配信中!

12月10日リリースのCD収録曲『わたし』『Heroines!』をはじめ、ドラマ『ナースのお仕事2』の『Days』、ドラマ『斉藤さん』の『ENGAGED』などなど、全10曲のコレクション。詳しくは、こちらで。

12月3日、FNS歌謡祭に出演しました! 87組ものアーティストさんが集結した会場のホテルは、ものすごい熱気。私は、ニューシングル『わたし』を作者の岸谷香さんとコラボ。自分のステージはもちろん、会場にいるだけですごいワクワク! 楽しかった~!(写真は、出待ちのときにマネージャーがパチリ)
観月ありさ(みづき ありさ)
女優
 観月ありさ(みづき ありさ)

1976年12月5日生まれ、東京都出身。1991年、女優、歌手デビュー。以来、ドラマやCMなど、幅広いジャンルで活躍。2004年、第27回日本アカデミー賞優秀主演女優賞受賞。2014年、第1回日経ヘルス ビューティミューズ大賞受賞。
オフィシャルブログはこちら
(写真:石倉和夫)