日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 観月ありさの「大人の美女メンテ!」  > 自律神経と上手に付き合って、ぐっすり睡眠をゲット!  > 3ページ
印刷

観月ありさの「大人の美女メンテ!」

自律神経と上手に付き合って、ぐっすり睡眠をゲット!

仕事のことは忘れてひたすらリラックスすれば、「冷え」の緩和にも役立ちそう

 観月ありさ

 調べてみると、「副交感神経」がしっかりと働くようにするには、脳に「今はリラックス状態なんだ」と思わせてしまえばよいそうです。そこで私は、まず、あせって無理に寝ようとするのを止めました。寝るために「羊が一匹、羊が二匹…」と数えるとよけいに頭が冴えて眠れなくなるとも聞きますが、それはつまり、「寝なければならない」という強迫観念で、かえって「交感神経」が働く状況を作り出してしまっているから、らしいです。

公演中も毎日8時間熟睡できるように

(イラスト:小塚類子)

 私は部屋に戻ってからは、仕事のことは一切考えず、2時間ほど好きな音楽を聞いたりしながら、ひたすら「ボーっ」と過ごすことに。そして、以前から、ボディコントロールのための唯一の習慣としていた半身浴も、リラックス効果がアップするようにアレンジ。

 まずは、少しお湯の温度を下げて、「気持ちいいな~」とひたすら解放感を味わうようにしました。体が温まると血管が拡張して、血流やリンパの流れがよくなって凝りがほぐれ、リラックスします。また、たまに、肩こり緩和のツボがあるという耳をひっぱったり、両手の指の腹で頭皮を軽くタッチしてみたりもしました。頭皮をやわらかくするのは緊張緩和に役立つそうです。そして、お風呂上がりには、香りにリラックス効果があるという赤ワインを少々…。 すると、だんだん眠くなってきて、自然と心地よく眠りに…。作戦成功です!

 こうしたことを習慣化することで、公演中も毎日、8時間以上ぐっすりと眠れるようになりました。ぐっすり眠ると、次の日の体調は万全。イキイキと舞台を務めることができたというワケです。

 思い返してみると、以前も、なかなか眠れないことはありました。ひとつは、連ドラや映画の撮影のクランクイン前夜…これは明らかに「ちゃんと自分に主役が務まるだろうか?」という不安感を伴う緊張によるもの。そして、生放送の音楽番組に出演した後。こちらが今回の体験に近く、放送後はものすごく元気になって「私、このまま朝までカラオケ歌えます!」みたいな感じになって、やっぱり眠れない。12月には、CDのリリースも予定していて、生の歌番組に出る機会もあると思いますから、今回の体験をしっかり生かして、自律神経とうまく付き合おうと思っています。

 自律神経の乱れが原因で冷えに悩む女性も多いと聞きます。これから嫌でも寒い季節を迎えます。まずは、リラックする工夫や、夜、ぐっすり眠れるようにすることから始めてみるのも、冷え性克服へのひとつの道かもしれません。というわけで、今回の決めの言葉は、

  「自律神経と上手に付き合って、キレイに元気になりましょ!」

 今月も読んでくださって、ありがとうございます! またね~!

(写真:石倉和夫/スタイリング:角田今日子〔Post Foundation〕/ヘア&メイク:重見幸江)
(ワンピース7万円〔hoss/DUAL VIEW TEL03-5721-2240〕、ピアス29万円〔MIZUKI /A&S Inc. TEL0800-300-3033〕)

ミヅキのお仕事!

ニューシングル『わたし/Heroines!』
12月10日発売!

 この秋、フジテレビ系で12年ぶりに放送された、観月ありさ主演のスペシャルドラマ『ナースのお仕事』。観月自身が歌ったその主題歌、『わたし』と『Heroines!』をリリース。
 2曲とも、観月のデビュー20周年を記念して2011年に製作されたアルバム『SpeciAlisa」に収録された楽曲で、今回、リアレンジした。『わたし』は岸谷香が作詞作曲を担当している。配信は10月31日から、すでにスタート。

『わたし/Heroines!』CD(1000円)
[画像のクリックで拡大表示]
『わたし/Heroines!』CD+DVD(1800円)
[画像のクリックで拡大表示]
観月ありさ(みづき ありさ)
女優
 観月ありさ(みづき ありさ)

1976年12月5日生まれ、東京都出身。1991年、女優、歌手デビュー。以来、ドラマやCMなど、幅広いジャンルで活躍。2004年、第27回日本アカデミー賞優秀主演女優賞受賞。2014年、第1回日経ヘルス ビューティミューズ大賞受賞。
オフィシャルブログはこちら
(写真:石倉和夫)

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「糖尿病」は予備群のうちに手を打つ

    話題の「食後高血糖」や「血糖値スパイク」って? 気になる最新情報を総まとめ

  • 男性ホルモンを増やす5つのポイント

    年齢とともに、男性ホルモンの低下から、体調が優れない、イライラする、よく眠れないという症状が表れる。こうした状態を放っておくと、身体機能の低下やうつ病、メタボリック症候群などの病気リスクが高まってしまう。男性ホルモンについて正しく理解し、どのように生活習慣を改めれば男性ホルモンが増え、ハツラツとした生活を取り戻せるのかについて、5つのポイントにまとめて紹介しよう。

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.