日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 観月ありさの「大人の美女メンテ!」  > 自律神経と上手に付き合って、ぐっすり睡眠をゲット!
印刷

観月ありさの「大人の美女メンテ!」

自律神経と上手に付き合って、ぐっすり睡眠をゲット!

仕事のことは忘れてひたすらリラックスすれば、「冷え」の緩和にも役立ちそう

 観月ありさ

女優として、そして一人の大人の女性として、ますます輝きを増している観月ありささん。本コラムでは、好奇心旺盛で、体に良さそうなもの、ボディメイクに役立ちそうなものと出会うとすぐに試してみたくなるという観月さんに、「美と健康」をテーマに、自らが体験し、感じたことをありのままに語っていただきます。

 こんにちは。観月ありさです。先月から始まったこの連載、たくさんの方にお読みいただいていると聞いて、うれしくて。「健康・美容ネタに対するアンテナの感度をさらに上げなければ!」と思ったミヅキです。

 そんな私が今回ご報告するのは、「自律神経のお話」。簡単に言えば、「脳が疲れているとき、スンナリ眠るにはどうしたらいいか」ということ。もちろん、私の体験です。

 どうして、「脳の疲れ」かというと…。きっかけは、前回も少し書いたミュージカル『オーシャンズ11』への出演。前回の連載で、「ミュージカルをやっている期間は必然的に体を動かすことになるので、太る心配はありません。規則正しい生活を送ると体調もボディラインもすごく良くなります」といったことを書きました。実際、太る心配がないどころか、稽古が進むにつれどんどん体が軽くなり、6月の東京公演の初日と11月の大阪公演の千秋楽のときを比べたら、断然スリムになったわがボディ。途中でブカブカになった衣装を詰めてもらったりもしました。

 そして、公演期間中は基本「体調がいい」というのも事実。…でもね、これには少し補足が必要だったのです。

ミュージカルの舞台に立った後は、頭が冴えて眠れないんです!

 というのも、舞台に立った後は毎回、グッタリ疲れてしまって。しかも、体は疲れているのに、なぜか、夜、部屋に戻って眠ろうとしても、なかなか眠れない…! 初めのころは、明け方にやっと眠りに落ちる感じで、当然睡眠時間は短くなりますし、次の日、起きると何だか体がだるいし頭も重い。そんなことが2~3日続いた後、私はハタと気づきました。「疲れ方が、連続ドラマの撮影を一日終えた後とは違う」と。

 もちろん、連ドラの撮影だって相当ハードです。早朝から夜中まで、長時間の撮影が続くことだってありますし。連日、全く違うシーンを撮るわけで、覚えるセリフの量はミュージカルの比較にならないほど。だから、一日の撮影が終わって夜、自分の家へ戻ると、疲れ果ててベッドにバタッと倒れ込み、眠りをむさぼるといった感じになります。

 ところが、です。ミュージカルの場合、一日の公演が終わって、夜、ホテルの部屋に戻っても、頭がすごく冴えていて、なかなか眠れない…。いったいこの違いはどこから? どうやら、連ドラとミュージカルでは、「緊張」の度合いに大きな違いがあるみたい…。

1/3 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.