日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 観月ありさの「大人の美女メンテ!」  > 観月ありさ 見習いたい!40代、50代で輝くヨーロッパの女性たち  > 4ページ
印刷

観月ありさの「大人の美女メンテ!」

観月ありさ 見習いたい!40代、50代で輝くヨーロッパの女性たち

この夏はイビザ島で心身をリフレッシュ

 観月ありさ

 今回のイビザでも「ワクワク」の効果を目の当たりにしました。それは音楽がガンガンに鳴り響くあるクラブでのこと。DJブースに近い最前列で踊りまくっていたのは、なんと、白髪をカールし、色鮮やかなワンビースを着た70代のお婆ちゃんだったんです。それも連れの人がいるふうでもなく、ひとりでその場の雰囲気を満喫中。その姿といったら、本当にカッコいいんです。それもきっと、こうしてワクワクの毎日を続けてこられた賜物なんでしょうね。私もぜひとも見習いたい。

女でいることを諦めない女性たちのシェイプボディとエネルギー

 見習いたいのは、そのお婆ちゃんよりちょっと若い、イビザで見かけた40代、50代の女性たちも同じ。とにかくエネルギーにあふれてパワフル。現地のコーディネーターの女性と話して分かったのは、基本、彼女たちは「人生はたった1回なんだから、自分がしたいことをして楽しむ」ことを一番に考えているらしいということ。日本だと、子供のため、旦那さんのため、と自分を犠牲にしがちだけど、彼女たちは妻になっても母になっても、女性として生きることを決して諦めていないということです。

 だから、日本人にありがちな、「この歳だから…それはちょっと」みたいに、年齢で自分を縛ることもしない。結果、自信に満ちあふれてキラキラしている。だからこそ、ヨーロッパでは「女性の本当の魅力は40歳から」と言われるのかもしれませんね。

 そんな彼女達のボディは、すごくシェイプされていて、見るからに筋肉質。食べるものにも気をつけて、地道なトレーニングをしていることがよく分かります。聞けば、バカンスのために体を作ってくる女性も多いとか。そんな意識の高さも含め、見習うところが一杯です。私もリメイクしておいて、良かった!

 そんな感じで、アッという間の10日間でしたが、心身ともにリセットでき、帰国した私は、今、待ち構えていたハードスケジュールを元気にこなしているところです。

 フランス人にとってバカンスは「人間が健康的に生きていくために必要なもの」という位置づけだそう。フランス人みたいに長期間は無理でも、この夏、みなさんも心と体に有益な旅を、ぜひ。キーワードはやっぱり「ワクワク」です。

 では、また来月。

ミヅキのお仕事!

◆新歌舞伎座 新開場5周年記念舞台
『GS近松商店』に主演します!

 近松門左衛門の『女殺油地獄』『曽根崎心中』をモチーフに、劇作家・鄭義信(チョンウィシン)が、関西のとある田舎街を舞台に「生きるということ」を問う愛憎劇。
 閉塞感漂う暑い夏、県道脇のさびれたガソリンスタンドを家族とともに切り盛りしている人妻(観月ありさ)。ある事件をきっかけに、若者が彼女のもとに通うようになる…。(2015年9月27日~10月14日上演予定)

(写真:大靍 円/スタイリング:角田今日子〔Post Foundation〕/ヘア&メイク:黒田啓蔵〔Three Peace〕)

(キャミソール2万4000円〔KARINFELLER TEL 03-5410-6988〕、スカート4万8000円〔STEFANEL TEL 03-3796-5899〕、ピアス3306円、ブレスレット4500円、バングル8000円〔以上3点、アビステ TEL 03-3401-7124〕)

※タイトル写真および1ページ目写真、価格はすべて税別表示。

観月ありさ(みづき ありさ)
女優
 観月ありさ(みづき ありさ)

1976年12月5日生まれ、東京都出身。1991年、女優、歌手デビュー。以来、ドラマやCMなど、幅広いジャンルで活躍。2004年、第27回日本アカデミー賞優秀主演女優賞受賞。2014年、第1回日経ヘルス ビューティミューズ大賞受賞。
オフィシャルブログはこちら
(写真:大靍 円)

先頭へ

前へ

4/4 page

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト 日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.