日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 観月ありさの「大人の美女メンテ!」  > 観月ありさ 見習いたい!40代、50代で輝くヨーロッパの女性たち  > 2ページ
印刷

観月ありさの「大人の美女メンテ!」

観月ありさ 見習いたい!40代、50代で輝くヨーロッパの女性たち

この夏はイビザ島で心身をリフレッシュ

 観月ありさ

リメイクしたボディで“リベンジ”達成!

 ところで、パリと言えば…私には絶対に行っておかなければならない場所がありました。この連載を読んでくださっている方の中にはピンとこられた方も多いのでは?

 そうです。今年春のファッションメゾンでの、あの苦い思い出(「観月ありさ 現在、体のリメイク進行中!」)。まあ、私にボディのリメイクを決意させてくれた、結果的にはありがたい経験でもあるのですが…。やっぱり、悔しさも残っているわけで。今回、そのメゾンを4カ月ぶりに訪問。ランニングとピラティスで絞ったボディで、着こなしに再挑戦したというわけです!

(イラスト:小塚類子)

 店に入るやいなや、男性店員さんが私の顔を見て、「あら、あなた!」という感じで寄ってきました。一度しか行っていないというのに、なぜかしっかり覚えられていた私。 その店員さんはすごい勢いで、「あなたのサイズはコレね!」と言いながら次々に服を持ってきてくれ、私は端からどんどん試着。

 すると「なんということでしょう~」って、某リフォーム番組の定番ナレーションではないですが、4カ月前とは別人のように、全部、スッキリ着こなすことができたのです。店員のお兄さんからも「トレビア~ン」とお褒めの言葉をいただき、無事、リベンジ達成! 特に気に入った2着を購入し、気持ちも軽やかに、一路イビザへと向かったのでした。

ランニング専用シューズに変えたらタイムが短縮!

 今回の旅でも、私は完璧に日課となったワークアウトを継続するべく、ランニングシューズを持参しました。スーツケースの中で一番かさばったのがこのランニングシューズ。でも今や私の大のお気に入りとなっているシューズ君に留守番させるわけにはいず、必死でパッキングしました。

 実は、このランニングシューズ、最近新しく購入したばかりなんです。以前はエクササイズ用のシューズで走っていたのですが、毎日毎日走っていたら、だんだんヒザに違和感を覚えるようになって。その対策の意味で、専用のシューズを履いてみることにしたというワケ。

 ランニング専門店に行くと、ソールのクッションの硬さの違う数種類の靴を見せながら、店員さんがそれぞれの特徴を説明してくれました。何足か試し履きして、私が選んだのは、軽くてクッション性がほどよくあって、蹴り出しの際の重心移動をスムーズにしてくれるというランニングシューズ。購入後、初めて履いて走ったときには驚きました。なんだか、足にバネか羽根が生えたみたいに体が軽い。それまで、5キロをけっこう頑張って走っても42~3分かかっていたのが、そのシューズを履いたら35分くらいで走れちゃったんです。「エッ、私、足が速くなった?」と、うれしくてうれしくて。ますます走るのが楽しくなってしまいました。

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.