日経グッデイ

観月ありさの「大人の美女メンテ!」

観月ありさ シミ・シワの元凶、紫外線には負けません!

反面教師はヨーロッパ女性。紫外線はSPFの足し算方式で防御!

 観月ありさ

女優として、そして一人の大人の女性として、ますます輝きを増している観月ありささん。本コラムでは、好奇心旺盛で、体に良さそうなもの、ボディメイクに役立ちそうなものと出会うとすぐに試してみたくなるという観月さんに、「美と健康」をテーマに、自らが体験し、感じたことをありのままに語っていただきます。

 こんにちは。観月ありさです。東京の梅雨明けはまだ先になりそうですが、梅雨の晴れ間には、強烈な日差しが降り注ぐ日々。

 私たち女性は、美肌のために冬は乾燥対策、これからの季節は紫外線対策にいそしまなければならず。ホント大変ですよね。最近は男性の方も、ちゃんと肌ケアをやっていらっしゃるから、今月のテーマ、「ミヅキのUV対策」は、そんな男性のお役にも立てると思いますよ。

 先月、ボディのリメイクに取り組んでいることをご報告させていただきましたが(「観月ありさ 現在、体のリメイク進行中!」参照)、私のやる気モードにスイッチを入れてくれたのが、春のヨーロッパ旅行。そう、パリのメゾンで一着も似合う服と出会えなかった、あのエピソードです…ま、いわゆるショック療法みたいなものですが。私としてはここ数年、パリの街中で流行している服は、昔より細身になった気がするのです。

 魅力的とされる女性の体は時代によって変わるもので、ケイト・モスのようにものすごく痩せた女性がトップモデルとして活躍したのは、1990年代。2000年代になると、痩せてはいるけど、胸とお尻は大きい方が魅力的とされるようになり、ケイトはケイトでも、現在のスーパーモデル、ケイト・アプトンの体型はボンキュ、ボン。だから、服のラインも全体的には細身にしつつ、女性のボンキュボンの魅力を効果的に見せていこうということなのかな、と…コレ、ミヅキ的考察。

 そうしたワンピースをよく見ると、デコルテや背中が大きく開いているものや、ウエスト辺りの高さで両サイドに窓のような切れ込みが作ってあって、そこから素肌が見えるというものまであります。

 そういう服を颯爽と着こなしているパリの女性たちは、とっても魅力的。と同時に、私には長年、とっても不思議に思ってきたことが…。それは、ヨーロッパの女性の素肌のシミです。

必死に日差しを避ける私に好奇の眼差しが

(イラスト:小塚類子)

 ヨーロッパの女性は、全員といっていいほど、けっこうな量のシミを素肌に蓄えていらっしゃいます。彼女たちは、そうしたシミをあまり気にしないようで、デコルテや背中、そして先ほどのワンピースの「窓」からも、しっかり見えています。若い人だけでなく、お肌の衰えが気になり出すそれなりの年齢の女性たちでさえ、これでもかというほど進んで太陽を浴びているのです。

 日焼けは、ヴァカンスにいけるほどの豊かな生活レベルを表す、一種のステイタスでもあるのだろうけど、私としては「そんなに焼いて、大丈夫?」と声をかけたくなる衝動にかられることも、たびたび。

 そういう国を旅する際に要注意なのが、その場の空気にのまれて、「ここで日傘をさしてもねえ…日よけの上着を羽織ってもねえ…きっと浮くよね…」という心理に落ち入り、紫外線防御を怠りがちになること。実際、日よけの上着を羽織ったときに、現地の人から「何ソレ? 暑くないの?」と好奇の眼差しを浴びた経験もあります。以来、旅先では、日焼け止めクリームやローションを塗りたくって(この表現が一番適切!)、帽子とサングラスで防御しています。だって、シミは作りたくないですから!

 そして、この夏はいつにも増して真剣な紫外線対策にいそしんでいます。なぜなら、ボディのリメイクのために、ほぼ毎日、運動するようになってからというもの、肌の状態もすこぶるいいのです。発汗によるデトックス効果が功を奏しているのかもしれません。

 せっかく、しっとりスベスベになってきたのですから、このまま美肌街道まっしぐらといきたいではないですか。紫外線はシミだけでなく、肌乾燥やシワの元凶にもなるので、“紫外線との戦い”に、絶対に負けるわけにはいきません。

シワ、たるみのA波はPA、シミのB波はSPFで防御

 そこで、紫外線の種類と毎日お世話になる日焼け止め(サンスクリーン剤)について、少し勉強してみました。 実際は、紫外線には3種類あるのですが、サンスクリーン剤選択の目安となる紫外線は以下の2種類です。

(1)A 波(UVA)

 肌の奥深くの真皮層まで届き、肌の内部に活性酸素を発生させ、コラーゲンやエラスチンを壊し、シワやたるみの原因をつくる。天気に関係なく、季節による変動もあまりなく一定量降り注いでいる。日本のサンスクリーン剤では、「PA+」など、PAと+の数でA波への防御効果を表しています。

(2)B 波(UVB)

 肌の表面に赤い炎症をおこさせ、色素沈着を招き、シミやそばかすの原因をつくる。A波の100倍以上の悪さをするとか。皮膚がんや白内障と深い関係にあるのは、こちら。夏にひときわ強くなる。「SPF30」など、SPFと数字でB波への防御効果を表します。

(©Shane White-123rf)

 この、「PA+」や「SPF30」などの表示をどう理解すればよいか…。

 PAは、A波の有害性を防御するProtection Grade of UVAのこと。「+(効果がある)」~「++++(極めて高い効果がある)」までを+の数で表記。ちなみにヨーロッパなどでは、この表記は使わず「PPD」という表記を使っています(ご参考までに、PA+がPPD2~3程度、PA++がPPD4~7程度、PA+++がPPD8以上。PA++++がPPD16以上に相当するらしいです。ヨーロッパ旅行時のご参考にどうぞ)。

 SPFは、B波の有害性を防御するSun Protection Factor。数字が大きいほど効果が強くなりますが、数字がそのまま効果のある時間数を表すものではないので、要注意。

 紫外線に当たり始めると、平均15~20分で日焼けの炎症が起き始めるそうで、SPF30のサンスクリーン剤を使うと、それを30倍遅らせることができるという意味だそうです。つまり、20分×30倍=10時間まで遅らせることができるということ。でも、日焼けしやすい人の場合は、その時間は短くなってしまいます。だから、あくまで目安にとどめた方がよいようです。

こまめな塗り直しは必須、スプレータイブは重ね付けにも重宝

 最近は日本でもSPF50など、数値の高いものが販売されていますが、私の場合はそれだと、肌が乾燥しがち。知り合いの皮膚科の先生によれば、最近ではずいぶん改善されたとはいえ、数値の高いものほど紫外線吸収剤など化学成分の含有量がどうしても多くなってしまうので、肌への負担はある程度は仕方ないとのことです。

 そこで私は、顔用にはSPF35程度のサンスクリーンを使い、それをこまめに塗り直すようにしています。夏場は汗をかくことで、せっかく塗ったサンスクリーン剤が流れてしまうこともたびたび。なので、SPFの数字にこだわるよりも、こまめな塗り直しの方が必須なのです。

 ついでに、ミヅキ流紫外線防御の裏技をご披露。

 まずSPF35のクリームタイプのサンスクリーン剤を塗り、その上にSPF表示のあるファンデーション。そしてその上から、スプレータイプのサンスクリーン剤を足すという、SPFの足し算方式。この方法だと、肌荒れもせず、紫外線防御効果もかなり高いと実感しています。ちなみに、ボディへはSPFがもっと高めの数値のものを塗った上から、スプレータイプ。スプレータイプは塗り直しにも重宝します。

 そうそう、SPF値がそんなに高くないサンスクリーンでも肌が乾燥してしまう、という方にお薦めなのが、サンスクリーン剤と美容液や乳液を手のひらの上などで混ぜて使うこと。最近では美容成分入りのサンスクリーン剤も販売されていますが、お手持ちの基礎化粧品を有効利用できるって、なんだかお得。コレ、美容研究家の方に聞いた話です。

朝は、カットフルーツで抗酸化食

私は今年芸能活動24周年を迎えました。5月に記念パーティーをしてもらった時の写真です。ホラ、お肌ツルツルでしょ(笑)。この肌を守りますよ!

 髪については、帽子で防御していますが、やっぱり紫外線の影響で夏はパサツキがち。そんなときによくやるのが、シャンプー後のトリートメントやリンスに肌用のオイルを少し混ぜて使うこと。こっちは行きつけの美容室で教わったワザですが、すごくしっとりしますから、ぜひ、お試しあれ。

 あとは、食事の面でも紫外線対策を意識しています。いわゆる抗酸化ビタミンの代表のビタミンCをたっぷり含む柑橘類を中心に、カットフルーツを冷蔵庫に常備して、朝いただくようにしています。実は私、寝汗をたくさんかく体質で、喉がカラカラの状態で目覚めることも度々なのです。起き抜けにいただくコップ一杯の水とフルーツは、体の中に染み渡り、一気にエネルギーをチャージ。

 よ~し、今日も紫外線には負けないぞ~! といった感じです。

 そうそう、年々、オゾン層の破壊などが原因で紫外線の降り注ぐ量が増えているそうです。オゾン層の破壊といえば二酸化炭素の排出増加がその大きな要因。つまり、環境問題も私たちのキレイの話もつながっているのですね。

 とにかく、紫外線に負けず、キレイに元気に夏を乗り切りましょう。

 では、また来月!

ミヅキのお仕事!

◆新歌舞伎座 新開場5周年記念舞台
『GS近松商店』に主演します!

 近松門左衛門の『女殺油地獄』『曽根崎心中』をモチーフに、劇作家・鄭義信(チョンウィシン)が、関西のとある田舎街を舞台に「生きるということ」を問う愛憎劇。
 閉塞感漂う暑い夏、県道脇のさびれたガソリンスタンドを家族とともに切り盛りしている人妻(観月ありさ)。ある事件をきっかけに、若者が彼女のもとに通うようになる…。(2015年9月27日~10月14日上演予定)


(写真:大靍 円/スタイリング:角田今日子〔Post Foundation〕/ヘア&メイク:黒田啓蔵〔Three Peace〕)
(キャミソール2万4000円〔KARINFELLER TEL 03-5410-6988〕、スカート4万8000円〔STEFANEL TEL 03-3796-5899〕、ピアス3306円、ブレスレット4500円、バングル8000円〔以上3点、アビステ TEL 03-3401-7124〕)
※タイトル写真および1ページ目写真、価格はすべて税別表示。

観月ありさ(みづき ありさ)
女優
 観月ありさ(みづき ありさ)

1976年12月5日生まれ、東京都出身。1991年、女優、歌手デビュー。以来、ドラマやCMなど、幅広いジャンルで活躍。2004年、第27回日本アカデミー賞優秀主演女優賞受賞。2014年、第1回日経ヘルス ビューティミューズ大賞受賞。
オフィシャルブログはこちら
(写真:大靍 円)