日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 観月ありさの「大人の美女メンテ!」  > 観月ありさ シミ・シワの元凶、紫外線には負けません!  > 4ページ目
印刷

観月ありさの「大人の美女メンテ!」

観月ありさ シミ・シワの元凶、紫外線には負けません!

反面教師はヨーロッパ女性。紫外線はSPFの足し算方式で防御!

 観月ありさ

朝は、カットフルーツで抗酸化食

私は今年芸能活動24周年を迎えました。5月に記念パーティーをしてもらった時の写真です。ホラ、お肌ツルツルでしょ(笑)。この肌を守りますよ!

 髪については、帽子で防御していますが、やっぱり紫外線の影響で夏はパサツキがち。そんなときによくやるのが、シャンプー後のトリートメントやリンスに肌用のオイルを少し混ぜて使うこと。こっちは行きつけの美容室で教わったワザですが、すごくしっとりしますから、ぜひ、お試しあれ。

 あとは、食事の面でも紫外線対策を意識しています。いわゆる抗酸化ビタミンの代表のビタミンCをたっぷり含む柑橘類を中心に、カットフルーツを冷蔵庫に常備して、朝いただくようにしています。実は私、寝汗をたくさんかく体質で、喉がカラカラの状態で目覚めることも度々なのです。起き抜けにいただくコップ一杯の水とフルーツは、体の中に染み渡り、一気にエネルギーをチャージ。

 よ~し、今日も紫外線には負けないぞ~! といった感じです。

 そうそう、年々、オゾン層の破壊などが原因で紫外線の降り注ぐ量が増えているそうです。オゾン層の破壊といえば二酸化炭素の排出増加がその大きな要因。つまり、環境問題も私たちのキレイの話もつながっているのですね。

 とにかく、紫外線に負けず、キレイに元気に夏を乗り切りましょう。

 では、また来月!

ミヅキのお仕事!

◆新歌舞伎座 新開場5周年記念舞台
『GS近松商店』に主演します!

 近松門左衛門の『女殺油地獄』『曽根崎心中』をモチーフに、劇作家・鄭義信(チョンウィシン)が、関西のとある田舎街を舞台に「生きるということ」を問う愛憎劇。
 閉塞感漂う暑い夏、県道脇のさびれたガソリンスタンドを家族とともに切り盛りしている人妻(観月ありさ)。ある事件をきっかけに、若者が彼女のもとに通うようになる…。(2015年9月27日~10月14日上演予定)


(写真:大靍 円/スタイリング:角田今日子〔Post Foundation〕/ヘア&メイク:黒田啓蔵〔Three Peace〕)
(キャミソール2万4000円〔KARINFELLER TEL 03-5410-6988〕、スカート4万8000円〔STEFANEL TEL 03-3796-5899〕、ピアス3306円、ブレスレット4500円、バングル8000円〔以上3点、アビステ TEL 03-3401-7124〕)
※タイトル写真および1ページ目写真、価格はすべて税別表示。

観月ありさ(みづき ありさ)
女優
 観月ありさ(みづき ありさ)

1976年12月5日生まれ、東京都出身。1991年、女優、歌手デビュー。以来、ドラマやCMなど、幅広いジャンルで活躍。2004年、第27回日本アカデミー賞優秀主演女優賞受賞。2014年、第1回日経ヘルス ビューティミューズ大賞受賞。
オフィシャルブログはこちら
(写真:大靍 円)

先頭へ

前へ

4/4 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.