日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 観月ありさの「大人の美女メンテ!」  > 観月ありさ シミ・シワの元凶、紫外線には負けません!  > 4ページ
印刷

観月ありさの「大人の美女メンテ!」

観月ありさ シミ・シワの元凶、紫外線には負けません!

反面教師はヨーロッパ女性。紫外線はSPFの足し算方式で防御!

 観月ありさ

朝は、カットフルーツで抗酸化食

私は今年芸能活動24周年を迎えました。5月に記念パーティーをしてもらった時の写真です。ホラ、お肌ツルツルでしょ(笑)。この肌を守りますよ!

 髪については、帽子で防御していますが、やっぱり紫外線の影響で夏はパサツキがち。そんなときによくやるのが、シャンプー後のトリートメントやリンスに肌用のオイルを少し混ぜて使うこと。こっちは行きつけの美容室で教わったワザですが、すごくしっとりしますから、ぜひ、お試しあれ。

 あとは、食事の面でも紫外線対策を意識しています。いわゆる抗酸化ビタミンの代表のビタミンCをたっぷり含む柑橘類を中心に、カットフルーツを冷蔵庫に常備して、朝いただくようにしています。実は私、寝汗をたくさんかく体質で、喉がカラカラの状態で目覚めることも度々なのです。起き抜けにいただくコップ一杯の水とフルーツは、体の中に染み渡り、一気にエネルギーをチャージ。

 よ~し、今日も紫外線には負けないぞ~! といった感じです。

 そうそう、年々、オゾン層の破壊などが原因で紫外線の降り注ぐ量が増えているそうです。オゾン層の破壊といえば二酸化炭素の排出増加がその大きな要因。つまり、環境問題も私たちのキレイの話もつながっているのですね。

 とにかく、紫外線に負けず、キレイに元気に夏を乗り切りましょう。

 では、また来月!

ミヅキのお仕事!

◆新歌舞伎座 新開場5周年記念舞台
『GS近松商店』に主演します!

 近松門左衛門の『女殺油地獄』『曽根崎心中』をモチーフに、劇作家・鄭義信(チョンウィシン)が、関西のとある田舎街を舞台に「生きるということ」を問う愛憎劇。
 閉塞感漂う暑い夏、県道脇のさびれたガソリンスタンドを家族とともに切り盛りしている人妻(観月ありさ)。ある事件をきっかけに、若者が彼女のもとに通うようになる…。(2015年9月27日~10月14日上演予定)


(写真:大靍 円/スタイリング:角田今日子〔Post Foundation〕/ヘア&メイク:黒田啓蔵〔Three Peace〕)
(キャミソール2万4000円〔KARINFELLER TEL 03-5410-6988〕、スカート4万8000円〔STEFANEL TEL 03-3796-5899〕、ピアス3306円、ブレスレット4500円、バングル8000円〔以上3点、アビステ TEL 03-3401-7124〕)
※タイトル写真および1ページ目写真、価格はすべて税別表示。

観月ありさ(みづき ありさ)
女優
 観月ありさ(みづき ありさ)

1976年12月5日生まれ、東京都出身。1991年、女優、歌手デビュー。以来、ドラマやCMなど、幅広いジャンルで活躍。2004年、第27回日本アカデミー賞優秀主演女優賞受賞。2014年、第1回日経ヘルス ビューティミューズ大賞受賞。
オフィシャルブログはこちら
(写真:大靍 円)

先頭へ

前へ

4/4 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 睡眠不足は肥満や生活習慣病のリスクを高める

    近年、睡眠不足が積み重なる「睡眠負債」の怖さが取り上げられるようになり、睡眠の大切さがクローズアップされている。実際、睡眠不足や質の低下が、疲れや集中力の低下につながることを実感したことがある人も多いだろう。しかし、問題はそれだけではない。睡眠不足や質が低下すると“太りやすくなる”。さらに、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病のリスクも高まることも分かっている。そこで本特集では、睡眠と生活習慣病の関係から、実践的な睡眠改善法までを一挙に紹介する。

  • 女性の「尿漏れ」「頻尿」には骨盤底筋トレーニングが効く!

    トイレに行く回数が多い、くしゃみをすると少し漏らしてしまう、突然尿意に襲われて我慢できない…。女性の尿の悩みは、「頻尿」や「尿漏れ(尿失禁)」が多いのが特徴だ。これらを改善するにはどうすればいいのだろうか?

  • 男性も無関係ではない骨粗鬆症、飲酒・喫煙・高血糖はリスク

    骨がスカスカになってもろくなり、骨折の危険性が増すのが「骨粗鬆症」だ。急速な高齢化に伴って患者数が増えており、日本骨粗鬆症学会などによると、日本における患者数は現在1300万人と推定されている。骨粗鬆症というと女性のイメージがあるが、男性の患者数は300万人と見られている。本特集では、骨粗鬆症が起きる仕組みから、気をつけたい生活習慣、そして骨を強くするための対策までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.