日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 観月ありさの「大人の美女メンテ!」  > 観月ありさ シミ・シワの元凶、紫外線には負けません!  > 3ページ
印刷

観月ありさの「大人の美女メンテ!」

観月ありさ シミ・シワの元凶、紫外線には負けません!

反面教師はヨーロッパ女性。紫外線はSPFの足し算方式で防御!

 観月ありさ

(©Shane White-123rf)

 この、「PA+」や「SPF30」などの表示をどう理解すればよいか…。

 PAは、A波の有害性を防御するProtection Grade of UVAのこと。「+(効果がある)」~「++++(極めて高い効果がある)」までを+の数で表記。ちなみにヨーロッパなどでは、この表記は使わず「PPD」という表記を使っています(ご参考までに、PA+がPPD2~3程度、PA++がPPD4~7程度、PA+++がPPD8以上。PA++++がPPD16以上に相当するらしいです。ヨーロッパ旅行時のご参考にどうぞ)。

 SPFは、B波の有害性を防御するSun Protection Factor。数字が大きいほど効果が強くなりますが、数字がそのまま効果のある時間数を表すものではないので、要注意。

 紫外線に当たり始めると、平均15~20分で日焼けの炎症が起き始めるそうで、SPF30のサンスクリーン剤を使うと、それを30倍遅らせることができるという意味だそうです。つまり、20分×30倍=10時間まで遅らせることができるということ。でも、日焼けしやすい人の場合は、その時間は短くなってしまいます。だから、あくまで目安にとどめた方がよいようです。

こまめな塗り直しは必須、スプレータイブは重ね付けにも重宝

 最近は日本でもSPF50など、数値の高いものが販売されていますが、私の場合はそれだと、肌が乾燥しがち。知り合いの皮膚科の先生によれば、最近ではずいぶん改善されたとはいえ、数値の高いものほど紫外線吸収剤など化学成分の含有量がどうしても多くなってしまうので、肌への負担はある程度は仕方ないとのことです。

 そこで私は、顔用にはSPF35程度のサンスクリーンを使い、それをこまめに塗り直すようにしています。夏場は汗をかくことで、せっかく塗ったサンスクリーン剤が流れてしまうこともたびたび。なので、SPFの数字にこだわるよりも、こまめな塗り直しの方が必須なのです。

 ついでに、ミヅキ流紫外線防御の裏技をご披露。

 まずSPF35のクリームタイプのサンスクリーン剤を塗り、その上にSPF表示のあるファンデーション。そしてその上から、スプレータイプのサンスクリーン剤を足すという、SPFの足し算方式。この方法だと、肌荒れもせず、紫外線防御効果もかなり高いと実感しています。ちなみに、ボディへはSPFがもっと高めの数値のものを塗った上から、スプレータイプ。スプレータイプは塗り直しにも重宝します。

 そうそう、SPF値がそんなに高くないサンスクリーンでも肌が乾燥してしまう、という方にお薦めなのが、サンスクリーン剤と美容液や乳液を手のひらの上などで混ぜて使うこと。最近では美容成分入りのサンスクリーン剤も販売されていますが、お手持ちの基礎化粧品を有効利用できるって、なんだかお得。コレ、美容研究家の方に聞いた話です。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 睡眠不足は肥満や生活習慣病のリスクを高める

    近年、睡眠不足が積み重なる「睡眠負債」の怖さが取り上げられるようになり、睡眠の大切さがクローズアップされている。実際、睡眠不足や質の低下が、疲れや集中力の低下につながることを実感したことがある人も多いだろう。しかし、問題はそれだけではない。睡眠不足や質が低下すると“太りやすくなる”。さらに、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病のリスクも高まることも分かっている。そこで本特集では、睡眠と生活習慣病の関係から、実践的な睡眠改善法までを一挙に紹介する。

  • 女性の「尿漏れ」「頻尿」には骨盤底筋トレーニングが効く!

    トイレに行く回数が多い、くしゃみをすると少し漏らしてしまう、突然尿意に襲われて我慢できない…。女性の尿の悩みは、「頻尿」や「尿漏れ(尿失禁)」が多いのが特徴だ。これらを改善するにはどうすればいいのだろうか?

  • 男性も無関係ではない骨粗鬆症、飲酒・喫煙・高血糖はリスク

    骨がスカスカになってもろくなり、骨折の危険性が増すのが「骨粗鬆症」だ。急速な高齢化に伴って患者数が増えており、日本骨粗鬆症学会などによると、日本における患者数は現在1300万人と推定されている。骨粗鬆症というと女性のイメージがあるが、男性の患者数は300万人と見られている。本特集では、骨粗鬆症が起きる仕組みから、気をつけたい生活習慣、そして骨を強くするための対策までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.