日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 観月ありさの「大人の美女メンテ!」  > 観月ありさ シミ・シワの元凶、紫外線には負けません!  > 2ページ
印刷

観月ありさの「大人の美女メンテ!」

観月ありさ シミ・シワの元凶、紫外線には負けません!

反面教師はヨーロッパ女性。紫外線はSPFの足し算方式で防御!

 観月ありさ

必死に日差しを避ける私に好奇の眼差しが

(イラスト:小塚類子)

 ヨーロッパの女性は、全員といっていいほど、けっこうな量のシミを素肌に蓄えていらっしゃいます。彼女たちは、そうしたシミをあまり気にしないようで、デコルテや背中、そして先ほどのワンピースの「窓」からも、しっかり見えています。若い人だけでなく、お肌の衰えが気になり出すそれなりの年齢の女性たちでさえ、これでもかというほど進んで太陽を浴びているのです。

 日焼けは、ヴァカンスにいけるほどの豊かな生活レベルを表す、一種のステイタスでもあるのだろうけど、私としては「そんなに焼いて、大丈夫?」と声をかけたくなる衝動にかられることも、たびたび。

 そういう国を旅する際に要注意なのが、その場の空気にのまれて、「ここで日傘をさしてもねえ…日よけの上着を羽織ってもねえ…きっと浮くよね…」という心理に落ち入り、紫外線防御を怠りがちになること。実際、日よけの上着を羽織ったときに、現地の人から「何ソレ? 暑くないの?」と好奇の眼差しを浴びた経験もあります。以来、旅先では、日焼け止めクリームやローションを塗りたくって(この表現が一番適切!)、帽子とサングラスで防御しています。だって、シミは作りたくないですから!

 そして、この夏はいつにも増して真剣な紫外線対策にいそしんでいます。なぜなら、ボディのリメイクのために、ほぼ毎日、運動するようになってからというもの、肌の状態もすこぶるいいのです。発汗によるデトックス効果が功を奏しているのかもしれません。

 せっかく、しっとりスベスベになってきたのですから、このまま美肌街道まっしぐらといきたいではないですか。紫外線はシミだけでなく、肌乾燥やシワの元凶にもなるので、“紫外線との戦い”に、絶対に負けるわけにはいきません。

シワ、たるみのA波はPA、シミのB波はSPFで防御

 そこで、紫外線の種類と毎日お世話になる日焼け止め(サンスクリーン剤)について、少し勉強してみました。 実際は、紫外線には3種類あるのですが、サンスクリーン剤選択の目安となる紫外線は以下の2種類です。

(1)A 波(UVA)

 肌の奥深くの真皮層まで届き、肌の内部に活性酸素を発生させ、コラーゲンやエラスチンを壊し、シワやたるみの原因をつくる。天気に関係なく、季節による変動もあまりなく一定量降り注いでいる。日本のサンスクリーン剤では、「PA+」など、PAと+の数でA波への防御効果を表しています。

(2)B 波(UVB)

 肌の表面に赤い炎症をおこさせ、色素沈着を招き、シミやそばかすの原因をつくる。A波の100倍以上の悪さをするとか。皮膚がんや白内障と深い関係にあるのは、こちら。夏にひときわ強くなる。「SPF30」など、SPFと数字でB波への防御効果を表します。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.