日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 観月ありさの「大人の美女メンテ!」  > 観月ありさ 現在、体のリメイク進行中!  > 3ページ
印刷

観月ありさの「大人の美女メンテ!」

観月ありさ 現在、体のリメイク進行中!

徹底的に脂肪を落とし、筋肉量を増やしています

 観月ありさ

(イラスト:小塚類子)

 走るようになって感じるのは、全身の血液循環がよくなったこと。よく汗をかきますし、水分補給もこまめにするので、肌もなんだかツヤツヤに。そして、以前よりも明らかに疲れにくくなり、体が軽くなりました。

 1週間のスケジュールは、2日か3日走ったら1日休みを挟むというペース。まずは脂肪を落とすために有酸素運動に力を入れているわけですが、徐々に筋肉もつけてラインを整えたいので、以前やっていたピラティスを復活。ランの休養日に、週1回のペースで通うことにしました。約1時間半、超ハイピッチなピラティスをして、その後30分は、歩くか軽く走るかで締めくくります。

 週のうち5日、毎日5キロ走っているというのに、ピラティスに通った翌日はしっかり筋肉痛です。腹筋など体幹周辺の筋肉が特に鍛えられているようです。

夕食を夕方4時に食べたりします。

 運動を始めてしばらくすると、食事面も注意するようになりました。量を半分にしたり、まず野菜から食べる、などの工夫です。聞くところによると、有酸素運動や食事制限で急激に体脂肪を落とそうとすると、無くなってほしくない筋肉まで落ちてしまうとのこと。それを防ぐ意味で、筋肉の素であるタンパク質を意識して食べています。

 私の場合、もともと、納豆やお豆腐、ヨーグルトなどのタンパク質を含む食品は大好きですし、体が無性に「お肉が食べた~い!」と要求してくるときは、お肉も食べます。ただ、脂肪の少ない赤味のお肉を意識して食べます。しかも、ボディのリメイクを決意してからというものは、夕方の4時くらいに夕食を終えることもしばしば。それ以降、寝るまで何も食べずに過ごすようになりました。

 でもね、大好きなお酒は飲みます。ただ、つまみはほとんどとりません。走り始めてから代謝がよくなったせいか、やたらとお酒のまわりが早くなって、すぐに気持ちが良くなり、夜はぐっすり。お酒の飲み方も、以前と比べると健康的になった気がします。

目下、脳の指令で痩せにくくなっているかも

 さてさて、こうしたボディリメイクに取り組んで約2カ月半の成果はというと…体脂肪率は5%減。そして、2サイズ小さい洋服も着られるようになりました。まずまずですね。でも、ここで気を抜いてはダメ。

 人間の体は、環境の変化に対応できるように、体温や血圧など、その個体にとっての平常値を維持する働きがあって、その数値のことを「セットポイント」というのだそうです。例えば、暑いときは汗をかいて体内の熱を逃がして体温の上昇を押さえるというのもその働きのひとつ。

 実は、体脂肪にもこの「セットポイント」というのがあって、その数値を脳がしっかり覚えているため、急激にダイエットをすると、脳が指令して、痩せにくくしたり、元の状態に戻そうとしまうのだそうです。これがいわゆるリバウンド。ダイエットの途中で一気に食べてしまってそれまでの苦労を台無しにしてしまうことも、それに当てはまります。

 たとえ意志が強くて、食欲は押さえられても、基礎代謝量が下がってしまうこともあるので、なかなか痩せにくい。そんな停滞期がやってきます。私もそろそろそんな時期なのかな、と感じているのですが…とにかく、焦らずに運動をし続け、トンネルを抜けるのを待つしかありません。

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツNEW

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.