日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 観月ありさの「大人の美女メンテ!」  > 観月ありさ 月に一度は「体の歪みとり」しています!
印刷

観月ありさの「大人の美女メンテ!」

観月ありさ 月に一度は「体の歪みとり」しています!

誰しも、気づかないうちに歪むものなんです

 観月ありさ

女優として、そして一人の大人の女性として、ますます輝きを増している観月ありささん。本コラムでは、好奇心旺盛で、体に良さそうなもの、ボディメイクに役立ちそうなものと出会うとすぐに試してみたくなるという観月さんに、「美と健康」をテーマに、自らが体験し、感じたことをありのままに語っていただきます。

 こんにちは。観月ありさです。桜前線は今、どの辺りでしょうか? 津軽海峡を越えた辺りかな? 関東はそろそろツツジの季節でしょうか? いろいろな花が咲いて、気持ちも軽やかになる春。みなさんはいかがお過ごしですか?

 私も、少しのんびりしながら春を謳歌しつつ、撮影やら、取材やら、相変わらず、お仕事に邁進しています。

 先日は、雑誌『日経ヘルス』の別冊『女のゆる筋トレ&らくダイエット』(4/20発売)の巻頭企画「観月ありさのバービーボディの作り方」の取材と撮影がありました。その終了後、撮影に立ち会ってくださったトレーナーさんに、立ったままカイロプラクティックの施術をしていただいたのです。

 まずは、私のマネージャーさんから。見ていると、立った姿勢のままで首を動かした瞬間、「ボキボキ、ボキボキ」と『必殺仕事人』さながらのものすごい音が! 次にメイクさんも同じく「ボギボキ」体験。ちょっと不安がよぎりましたが、2人とも、終わった後にものすごく晴れ晴れとした顔をしているので、私もお願いすることに。

 すると…ハイ、やっぱり『必殺仕事人』ばりのボキボキボキボキ~。その音を聞いて、事務所スタッフは心配そうな眼差し…。でも、施術が終わると、体の軸がまっすぐ通った感じがして、両脚がピッタリくっつきました。ああ、すっきり!

 というわけで、今回は「体の凝り&歪みとりの大切さ」についてです。

1/4 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.