日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 観月ありさの「大人の美女メンテ!」  > 観月ありさ 月に一度は「体の歪みとり」しています!  > 3ページ目
印刷

観月ありさの「大人の美女メンテ!」

観月ありさ 月に一度は「体の歪みとり」しています!

誰しも、気づかないうちに歪むものなんです

 観月ありさ

 ハイヒールを履いた状態で体を捻ると、実は重心がつま先方向に持っていかれそうになるのを懸命に引き戻したりする必要があり、イロイロと筋力も使います。そして、反対側も同じようにポージングをして撮るなんてことはまずありません。かくして、私の体は片側に捩じれたり、片側の筋肉に多く凝りが生じたり…。

 整体やトレーニングに行くと、「ちょっと骨盤が左に傾きぎみだね」とか「右の筋力が左に比べて強いね」とか、必ず歪みや左右差を指摘されてしまいます。そんなときはたいてい、その前日から数日前に体を捻って使うようなお仕事をしているのです。

やせられないのは体の歪みも関係しているかも

 というわけで、普段のトレーニングでは弱い方の筋肉を強めに鍛えて、左右差をなくすようにしていますし、整体で、骨格にも働きかけてもらってバランスを取り戻すようにしています。整体を受けた後、鏡に映った自分の立ち姿を見ると、「そうそう、これが私の本来のまっすぐな姿勢だった!」と実感するのです。

 体の軸って、さっきのようなお仕事も含め、日常生活で「ちょっとずつ、ちょっとずつ」ズレていくんです。でもわずかなズレの積み重ねなので、自分自身は全然気づきません。そこで、整体で体の歪みをまっすぐに戻してもらったときに、「そうそう、コレが私のまっすぐ!」と自覚するのです。これは感動ものです。

 で、数日は、その「まっすぐ」を意識するのですが、そのうちお仕事や日常生活を重ねるうちに、また忘れてしまいます。結果、またまた、ちょっとずつ…の繰り返し。

 体の歪みに一番影響を与えるのが、骨盤と背骨の歪みだそうです。骨盤や背骨の歪みは、さまざまな不調の原因になるといいますよね。たとえば、女性では、生理痛や冷えの症状を悪化させてしまうとか。男女問わずだと、肩こりや頭痛。自律神経の働きにも悪影響だといいますし、エネルギー代謝も悪くなって、つまりは太りやすくなるとか。大変、大変。歪みはやはり大事にいたらないうちにリセットした方がいいですね。

 ちなみに私の場合、整体にはすごく疲れたり、凝りを感じた時だけでなく、歪みを溜め込まないために、月に一度は行くようにしています。

「相性」がなににつけても大事です!

最近、週に4日、5キロずつ走っています。私的には、脂肪を落とすにはやっぱりコレが一番。ますます薄着になりますからね。がんばらなくっちゃ!!

 「いい」と聞くと、何でも一度は試してみるのが私のモットー。それは、マッサージや整体でも同じこと。「あそこ、よかったよ~」という人の言葉に食いついて、いろんなところに行っては試してきました。

 ときには、ちょっと離れたところから「ハ~ッ! ハ~ッ!」と先生が懸命に「気」を送ってくれる気功も体験。でも、残念ながら私にその先生のパワーは届かず。つまり、「誰かにとってすごく効果があった」ものが、必ずしも自分に効果があるとは限らないということなんですね。

 当たり前かもしれませんが、受け手側の体の状態だってもちろん関係しますし、すごく感じるのが「相性の問題」。

 マッサージや整体、鍼などの施術を受けるときは、だいたい施術者と2人きりの空間にいることになるので、「なんか、合わないな」と思っていると、体が強ばって拒否反応を示してしまい、何のために来たんだか分からなくなってしまいます。「腕の良さ」+「自分との相性」、これがいい施術師選びの必要条件です。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.