日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 観月ありさの「大人の美女メンテ!」  > 観月ありさ 月に一度は「体の歪みとり」しています!  > 2ページ目
印刷

観月ありさの「大人の美女メンテ!」

観月ありさ 月に一度は「体の歪みとり」しています!

誰しも、気づかないうちに歪むものなんです

 観月ありさ

マッサージデビューは14歳!

 ビックリされるかもしれませんが、私のマッサージデビューは、14歳のとき。『伝説の少女』というキャッチフレーズ(当時はデビューするとき必ず、こういう枕詞みたいなコピーが付いたのです)で歌手デビューしたのが15歳ですが、なにせ、5歳くらいからモデルのお仕事を始めていましたから、子供ながらしっかり体を使っていたわけです。今の事務所に入るとき、最初に聞かれたのは「体は丈夫?」でしたから、いかに芸能界のお仕事が体力勝負かが分かりますよね。

 で、18歳になると、早くもマッサージでは飽き足らず、整体や鍼のお世話にもなるようになりました。

 体が疲れると、いろんなものが滞ります。その代表は、血流やリンパ液。血流やリンパの流れが悪くなると疲労物質や老廃物が筋肉に居座って、結果、引き起こされるのが、いわゆる凝りの状態。体感的には、ズド~ン、ドヨ~ンと重たい感じです。そんなとき、マッサージを受けて、体全体を揉みほぐしてもらうと、凝りがとれて体が軽くなりますね。

 でも、私の場合、マッサージの効果は日持ちしないのです。やってもらった後、1日くらいは体が軽くなって調子がいいのですが、効果はそこまで。一方、整体や鍼…だいたい整体と鍼はセットで受ける場合が多いですが…こちらは、1週間くらいは、いい状態がキープできる感じ。あくまで、私、ミヅキの体感としては、ですが。

私の仕事、実は「捻り」が多いんです

 整体とマッサージは何が違うかと考えると、それは、体の歪みとりの程度の差ではないかと思います。マッサージも、筋肉の凝りをほぐしたりすることである程度体のバランスを正してくれますが、整体の場合、骨格から正しい位置に戻るよう働きかけてくれるので、歪みとりの効果が高い気がしています。

 人間、100%左右対称にバランスのとれた体を持つ人なんて、めったにいないですよね。私だって、噛みグセもあれば、脚を組むときのクセだってありますし、まっすぐ立っていても重心のかけやすい左脚の方についつい体重を乗せたりしているわけです。もちろん、左右両方の歯で噛もう、脚を組むときは左右ちゃんと入れ替えてバランスをとろう…など、日常生活で気をつけてはいますが、人間、永きにわたって身についたクセはなかなか直せないもの。

 それから、職業病とまではいかないけれど、その職業に就いているからこそ、独特の体の使い方をすることってありますよね。そして、それが原因でどこかが痛くなるとか…。たとえば、プロテニスプレーヤーやプロゴルファーの方たちには腰痛持ちが多いそうですが、それは、ストロークやスイングで片側の筋肉を酷使して、骨盤などに捩じれや歪みが起こることが要因なんだとか。

(イラスト:小塚類子)

 実は、私の仕事でも、似たようなことがあるんです。

 スチールの撮影のとき、証明写真みたいに姿勢を正してまっすぐ前を向いて撮る、なんてことは、まずないですよね。だいたい横向き加減で上体だけ少し正面へ、というのが、よくあるオーダー。

 よりスタイルよく撮ってあげたいというカメラマンさんのご好意と芸術家魂からのありがたいオーダーに応え、ポーズをとるわけですが、このとき体は必ず捻ることになるわけです。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

  • 早期発見、早期治療で治す「大腸がん」 適切な検査の受け方は?

    日本人のがんの中で、いまや罹患率1位となっている「大腸がん」。年間5万人以上が亡くなり、死亡率も肺がんに次いで高い。だがこのがんは、早期発見すれば治りやすいという特徴も持つ。本記事では、大腸がんの特徴や、早期発見のための検査の受け方、かかるリスクを下げる日常生活の心得などをまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.