日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 観月ありさの「大人の美女メンテ!」  > 観月ありさ この春も花粉と戦闘モードです!  > 4ページ目
印刷

観月ありさの「大人の美女メンテ!」

観月ありさ この春も花粉と戦闘モードです!

まさかの肌荒れから始まった花粉症との闘いの日々

 観月ありさ

乳酸菌は人によって効くタイプが違うそう

 私の大好きなヨーグルトも花粉症対策にいいと言われていますよね。ヨーグルトに含まれる乳酸感の整腸作用によって免疫力が高まることによる効果なのだそうです。でも、食べたからといって即、効果が現れるというものではなくて、毎日継続的に100g以上を食べ続けないとあまり効果は期待できないとも。日頃、ほとんど食べないという人なら、ホントは、花粉が飛び始める前から、食べ始めるのがいいそう。でも、飛び始めた後からでも、1カ月ほどで症状が軽くなる人もいるそう。

 私の場合、もともとヨーグルトは好きで、よく食べているので、だからこの程度の症状で済んでいるのかも…と、ココでもポジティプシンキング(笑)。

 でも実のところ、まだあまり効果を実感していないんです…。乳酸菌にもイロイロな種類があって、人によって効く乳酸菌のタイプが違うといいます。市販のヨーグルトもそれぞれ含む乳酸菌が違うので、今度、食べる銘柄を変えて試してみようかとも思っているところです。

 ところで近年、iPS細胞に代表されるように、科学や医療の進歩って本当にすごい!と思うニュースをよく耳にしますよね。この調子なら、花粉症をなんなくコントロールできる方法が発表される日も、そう遠くはないのでは…と思いつつ、その実現を願うミヅキなのです。科学、医療関係の皆様、ぜひぜひ、よろしくお願いいたします。

 最初に、東京の自宅での生活に戻って「ホッ」としていると書きましたが、それはもちろん、身も心も、です。いつかどこかで「ぐうたら生活を卒業します!」と、宣言した記憶もあるのだけれど…。でも、ね。やっぱり「ぐうたら」な時間も大事だと、身にしみているところ。

 ここは1回、心身の疲れをリセットするためにも、部屋でのお籠り生活は必要。1週間くらい「ぐうたら」したら、また、旅行にでも行きたいな~と思っているところです。スリランカやモロッコとか、行ってみたいところはいっぱい。また、ご報告しますね。

 みなさんも素敵な春を迎えてくださいね! また、来月!!

(写真:大靍 円/スタイリング:角田今日子〔Post Foundation〕/ヘア&メイク:黒田啓蔵〔Three Peace〕)
(ワンピース3万円〔hoss/DUAL VIEW TEL 03-5721-2240〕、ピアス6806円〔ABISTE TEL 03-3401-7124〕)
※タイトル写真および1ページ目写真、価格はすべて税別表示。

観月ありさ(みづき ありさ)
女優
 観月ありさ(みづき ありさ)

1976年12月5日生まれ、東京都出身。1991年、女優、歌手デビュー。以来、ドラマやCMなど、幅広いジャンルで活躍。2004年、第27回日本アカデミー賞優秀主演女優賞受賞。2014年、第1回日経ヘルス ビューティミューズ大賞受賞。
オフィシャルブログはこちら
(写真:大靍 円)

先頭へ

前へ

4/4 page

日経グッデイ初割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.