日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 観月ありさの「大人の美女メンテ!」  > 観月ありさ この春も花粉と戦闘モードです!  > 3ページ目
印刷

観月ありさの「大人の美女メンテ!」

観月ありさ この春も花粉と戦闘モードです!

まさかの肌荒れから始まった花粉症との闘いの日々

 観月ありさ

花粉症皮膚炎にも乾燥が大敵!

 聞くところによると、花粉症で肌荒れを起こす人って、意外と多いらしいですね。肌荒れといっても、顔全体ではなく、目の周りだけがかゆかったりするものも含めて「花粉皮膚炎」というそうです。

 花粉が本格的に飛び始めるのは2月下旬。その頃は、空気の乾燥がひどい時期でもあります。乾燥は肌のバリア機能の大敵。さらに3月になると、一気に陽の光が春めいてくるのはうれしいけれど、同時に紫外線の量も増えて、すでにバリア機能が弱って乾燥してしまっている肌に、さらにダメージを与えます。そこに、花粉が飛んできてアレルギー反応が起こることで、肌の状態が悪化するのだそう。

 だから、やっぱり保湿は大事ですね。何かとうっとうしい花粉症ですが、いっそ、花粉皮膚炎という症状を「肌がかなりの乾燥状態にある」という体からの警戒信号と受け止めて、前向きに肌ケアするのはどうでしょう。だって、乾燥はシワやたるみも引き起こすのですから、これをきっかけにでも、ケアしない手はありません。あと、かゆくても、思い切りかいてしまっては色素沈着の原因になりかねないので、できるだけ我慢しましょうね。

ユーカリの精油で鼻づまり緩和!

(イラスト:小塚類子)

 さて、私の花粉症対策はというと…。

  まずは、防御。出かけるときは、眼鏡とマスクと帽子が必須です。できれば、眼鏡はサングラスにした方が紫外線をカットできて、目の周りの皮膚のためにはいいそうですが、いかにも「芸能人」というのが苦手なので、私は透明レンズの伊達眼鏡を愛用しています。

 特に、顔には絶対花粉をつけないぞ!という気合いで外出するので、この時期はスッピンででかけることはしません。できればファンデーションを薄く塗るか、保湿用のクリームで防御。コートもできればツルツルの素材のものを着たいところだけど、そこは、その日のファッションとの兼ね合いで、できれば、という程度にとどめます。

 そして、帰宅したら、玄関のドア前で、コートの表面を手ではたいて花粉を徹底的に落とします。家へ入ったら、即、着替え。洗面所に直行してうがい、手洗い、洗顔といった具合です。ま、花粉症対策の基本ですね。

 あとは、鼻にシュッシュッとスプレーする市販薬を使ったり、撮影前にはつらい症状を抑えるお薬を飲んだり。

 舌の下に低い濃度の花粉のエキスを垂らして、徐々に濃度を上げていくことで免疫をつける「舌下免疫療法」や、鼻の粘膜をレーザーで焼いてアレルギー症状を起きにくくする「レーザー治療」など、私よりもっと積極的に治療や対策を試みている方はたくさんいらっしゃるでしょう。私も、なんとかしたい気持ちは山々なのですが、一番の症状が肌荒れと目のかゆみということもあり、そこは、まだ未体験です。

 私が他に使っているのはアロマの「ユーカリ」の精油。ユーカリは、オーストラリアの先住民のアボリジニが薬草として利用したという植物。コアラの食料としてもおなじみですよね。ユーカリの精油には、抗炎症作用、去痰作用、抗菌作用、抗ウイルス作用などの1.8シネオールという成分が含まれていて、それが花粉症症状の緩和にも役立つそうです。確かに、ハンカチに精油を1滴垂らして吸い込むと、スッとして鼻づまりが解消します。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.