日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 皮膚科専門医 山本綾子の解決!オトナの皮膚病・肌トラブル  > 腹筋と湿疹部位の意外な関係
印刷

皮膚科専門医 山本綾子の解決!オトナの皮膚病・肌トラブル

腹筋と湿疹部位の意外な関係

【アトピー発症機序理論3】

 山本綾子

 近年、肌のトラブルを訴える人は増えている。乾燥が目立つ冬や、花粉症のシーズンは皮膚科を訪れる人が増える一方で、「体質だし、乾燥肌だから仕方ない」とあきらめてしまう人も多い。
 こうした肌のトラブル、実は「体質ではなく姿勢にある」と、新たに「アトピー発症機序理論」を提唱するようになった、ナビタスクリニック川崎の皮膚科専門医、山本綾子先生(日本皮膚科学会専門医)が、さまざまな皮膚病・肌トラブルについて解説する連載。
 3回目は、お腹に「谷折り線」ができている人は要注意だという、背中や腰のかゆみについて。

 体幹のかゆみで多いのが、背中の上部(肩甲骨あたり)と腰。

 「ベルトがすれて腰がかゆい」という男性の話を聞くことがあります。あるいは「ブラジャーのひもが当たって肩甲骨の付近がすれてかゆいみたい」と話す女性も結構、いますよね。実際に「腰や背中がかゆいのは、すれるからだ」と思っている人は多いでしょう。でも人間の背骨の構造上、正常な姿勢であれば、肩甲骨や腰は出っ張っていないので、その部分だけかゆい、というのはおかしな話です。

 連載の3回目となる今回は、私が提唱している「アトピー発症機序理論」の要となる、姿勢と湿疹部位の関係、体の中心軸について解説します。

湿疹を繰り返す人は、お腹の「谷折り線」に注目!

 アトピー性皮膚炎を発症している患者さんの中には、ステロイドを塗って一旦治ってもすぐに繰り返すようなしつこい湿疹が、体や顔、頭に出る人がいます。実はそうした患者さんは、お腹に“ある特徴”があります。

 それは、お腹に深いシワがあること。まるで折り紙の「谷折り線」のように、くっきりとした線です。「それ、肥満で三段腹になっているんじゃないの?」と言われそうですが、違います。痩せ型~普通の体系の人にもぜひチェックしてみてほしいのですが、お腹を曲げたときに「段々腹」のお肉に一致して、シワができていませんか? そのシワこそが、谷折り線。アトピー性皮膚炎患者さんの場合、症状が軽めの人ほどシワは薄く、本数は少ないです。

 成人でアトピー性皮膚炎が重症の場合、くっきりと深く刻み込まれたシワが4~5本できることもあります。また、谷折り線自体は薄めでも、腹壁がしわしわとなってしまうケースもあります。どちらも腹筋が足りず、腹部が押しつぶされたことにより、シワになっているのです。

 この特徴は成人のみならず、乳幼児にも共通します。もし、お座りができる(腰が座っている月齢)お子さんがいつも同じ場所にしつこい湿疹ができていたり、全身がひどくカサカサしていたり、アトピー性皮膚炎と診断されているようであれば、まずお子さんを椅子や床に座らせて、2、3分ほど観察してみてください。背中を丸め、腰が曲がり、お腹が段々腹あるいはしわしわになるような場合、成人と同様、腹筋が足りないことが原因で、腹部が押しつぶされているのです。

 そして私自身が、今までの医学では、解明しきれていないアトピー性皮膚炎の発症機序(メカニズム)に気づいたきっかけも、このお腹の谷折り線でした。

成人男性のお腹にできている谷折り線
[画像のクリックで拡大表示]
2歳児のお腹にできた谷折り線
[画像のクリックで拡大表示]

首や腰は大きく曲げるようにできていない

 この谷折り線という呼称は、私が名づけたものです。アトピー性皮膚炎や湿疹の治らない患者さんを診察し続けるうちに、まるで折り紙の谷折り線のように、お腹の部分で折り曲がっていることから、こう呼ぶようになっていました。皮膚科の教科書に書かれている言葉ではないので、なじみがないでしょう。

 谷折り線がある=いつもその部分で体を曲げているという証拠です。ところが谷折り線は、背筋を伸ばした状態でも、入っています。本来は曲げるべき部分ではないのに、いつも曲げているからできるシワなわけです。

 例えば体の中で、股関節や肩関節は大きく動かせるよう球関節になっているので、肩をぐるぐる回したり脚を高く上げたりできるなど、可動域が広くなっています。では背中はどうなっているでしょうか? 背中を動かす骨、脊柱(せきちゅう)は、椎骨(ついこつ)という小さな骨の集合体です。1つ1つの骨は平面になっていて、骨同士がそのまま連結するのではなく、間に椎間板(ついかんばん)があります。そして両関節面がわずかな滑り運動を行うことで、首を曲げたり、腰を曲げたりするわけです。つまり平面同士を動かしているので、大きく曲げたりはできません。

猫背は本来のS字カーブを逆転させてしまう

 椎骨は7個の頚椎(けいつい)、12個の胸椎(きょうつい)、5個の腰椎(ようつい)、5個の仙椎(せんつい)、3~5個の尾骨(びこつ)からなります。前述のようにこれらは椎間板で連結されており、頭蓋と骨盤にも連結されています。

 脊柱は、交互に前後に弯曲(わんきょく)して「S字カーブ」を描いています。この弯曲は、垂直に加わる荷重(頭の重み)を分散させて、できるだけ特定の場所だけに負担を集中させないように、体を守っています。

 姿勢が悪くなるということは、この自然の弯曲を崩し、体に負担がかかるように、無理やり曲げることになります。

 つまり猫背と呼ばれる姿勢の場合、お腹を曲げ、背中を丸め、首も下に向くため、首のアーチも腰のアーチも前弯(ぜんわん/前方に凸)であるという本来の状態に逆らっていることになります。たとえて言うなら、真っ直ぐな定規を弯曲させている、もしくはゴム鉄砲のゴムをぐいーんと引っ張り続けているような感じで、その状態で朝から晩まで、ずっと首や腰の筋肉が引っ張られ続けているのが猫背なのです。猫背は体をだらんとさせただらしない状態だと思っているかもしれませんが、本来の脊柱の状態からすると逆。腰や首が凝ったりするのは、当然といえるでしょう。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.