日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 市販薬トレンドウォッチ  > 過敏性腸症候群の再発改善「セレキノンS」
印刷

市販薬トレンドウォッチ

過敏性腸症候群の再発改善「セレキノンS」

「下痢型」「便秘型」「混合型」いずれにも有効

 三上 彰貴子=株式会社A.M.C代表取締役社長・薬剤師

本コラムは薬剤師向け専門誌「日経ドラッグインフォメーション」2014年10月号「OTCトレンドウォッチ(NewProducts)」からの転載です。薬剤師向けの内容を、一部改編しています。 市販薬は、薬剤師や登録販売者に相談のうえで購入してください。

 薬剤師の対面による情報提供および指導が必須な要指導医薬品が、相次いで発売されました。今回は、新たに登場した要指導医薬品の中から、「セレキノンS」について紹介します。

写真1◎ セレキノンS
写真1◎ セレキノンS
消化管運動調律成分トリメブチンマレイン酸塩を配合。「下痢型」「便秘型」「混合型」いずれの過敏性腸症候群(IBS)にも有効です。
[画像のクリックで拡大表示]

 セレキノンS(田辺三菱製薬)は、消化管運動調律成分トリメブチンマレイン酸塩を1錠中100mg含む白色のフィルムコーティング錠です。医療用医薬品のセレキノン錠と同じ剤形ですが刻印がありません。効能効果は、「医師の診断・治療を受けた過敏性腸症候群(IBS)の諸症状の緩和」です。

 ストレスなどで起こるIBSには下痢型、便秘型、混合型がありますが、セレキノンSはどのタイプにも有効で、成人15歳以上から使用できます。1日3回食前または食後に服用します。

 2014年7月の発売は九州・沖縄地区限定。同地区での状況を検証した上で、全国発売を検討するようです。

 なお、トリメブチンマレイン酸塩は、同社のタナベ胃腸薬〈調律〉(第2類医薬品)にも配合されています。トリメブチンマレイン酸塩300mg(1日量)を含みますが、制酸剤や消化酵素などを配合した胃腸薬で、効能効果はセレキノンSと異なります。

三上 彰貴子(みかみ あきこ)
株式会社A.M.C代表取締役社長・薬剤師
三上 彰貴子(みかみ あきこ) 製薬会社勤務後、コンサルティング会社勤務を経て2005年から現職。医療分野のコンサルティングを行う傍ら、市販薬に関する寄稿や講師の活動も行う。

(出典:日経ドラッグインフォメーション2014年10月号/記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.