日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 市販薬トレンドウォッチ  > 関節痛に有効な解熱鎮痛薬「ルミフェン」
印刷

市販薬トレンドウォッチ

関節痛に有効な解熱鎮痛薬「ルミフェン」

コンドロイチン製剤やビタミン剤で痛みが改善しなかった人にも効果が期待される

 三上 彰貴子=株式会社A.M.C代表取締役社長・薬剤師

本コラムは薬剤師向け専門誌「日経ドラッグインフォメーション」2014年10月号「OTCトレンドウォッチ(NewProducts)」からの転載です。薬剤師向けの内容を、一部改編しています。 市販薬は、薬剤師や登録販売者に相談のうえで購入してください。

 薬剤師の対面による情報提供および指導が必須な要指導医薬品が、相次いで発売されました。今回は、新たに登場した要指導医薬品の中から、「ルミフェン」について紹介します。

写真1◎ ルミフェン
有効成分のアルミノプロフェンは、臨床試験で関節液に長く留まることが確かめられている。
[画像のクリックで拡大表示]

 ルミフェン(佐藤製薬)は、非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)であるアルミノプロフェンが有効成分の製品(単味製剤)です。

 アルミノプロフェンは医療用医薬品の「ミナルフェン」として約20年間使われていた薬ですが、2008年11月末に販売中止(2009年3月末に薬価が削除)となりました。医薬品としての有用性が否定されて中止になったのではなく、他の解熱鎮痛薬との競争が激化、原料価格の高騰や薬価改定など事業的な理由によるそうです。

 ルミフェンの効能・効果は「関節痛・腰痛・肩こり痛・咽喉痛・頭痛・歯痛・抜歯後の疼痛・耳痛・神経痛・筋肉痛・打撲痛・骨折痛・ねんざ痛・月経痛(生理痛)・外傷痛の鎮痛」「悪寒・発熱時の解熱」です。有効成分のアルミノプロフェンは炎症を鎮めて、関節痛や腰痛などの痛みを抑えます。また、痛みの元を作る酵素、シクロオキシゲナーゼ(COX)2をより多く阻害するため、胃への負担が少ないといわれています。

関節痛や腰痛がなかなか改善しない人に

 アルミノプロフェンは、臨床試験で関節液に長く留まることが示されています。そのため関節痛や腰痛などがあり、コンドロイチン製剤やビタミン剤を服用していても、なかなか痛みが改善しない人や、痛みの部位が広く貼り薬、塗り薬などの外用剤の臭いが気になる人に適しています。

 15歳以上から使用でき、痛みや発熱が表れたときに、なるべく空腹時を避けて1回1錠服用します。症状が改善しない場合には、4時間以上空けてもう1錠服用します。通常1日2回まで服用できますが、再度症状が表れた場合は3回まで服用可能です。ただし、使用中に眠気が起こることがあるので、服用後に眠気、めまい、一時的な視力低下感が表れた場合は、乗り物や機械類の運転操作をしないでください。また出産予定日12週以内の妊婦さんは使用してはいけません(禁忌)。

三上 彰貴子(みかみ あきこ)
株式会社A.M.C代表取締役社長・薬剤師
三上 彰貴子(みかみ あきこ) 製薬会社勤務後、コンサルティング会社勤務を経て2005年から現職。医療分野のコンサルティングを行う傍ら、市販薬に関する寄稿や講師の活動も行う。

(出典:日経ドラッグインフォメーション2014年10月号/記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.