日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 市販薬トレンドウォッチ  > 医療機関からの処方をまねた「パブロンSゴールドW」
印刷

市販薬トレンドウォッチ

医療機関からの処方をまねた「パブロンSゴールドW」

2つの去痰成分を配合し、咳や痰の症状の緩和作用を強化

 三上 彰貴子=株式会社A.M.C代表取締役社長・薬剤師

本コラムは薬剤師向け専門誌「日経ドラッグインフォメーション」2015年10月号「OTCトレンドウォッチ(NewProducts)」からの転載です。薬剤師向けの内容を、一部改編しています。市販薬は、薬剤師や登録販売者に相談のうえで購入してください。

写真1◎ パブロンSゴールドW
パブロンSゴールドW
[画像のクリックで拡大表示]

 パブロンSゴールドW(大正製薬)は、去痰成分のアンブロキソール塩酸塩とL-カルボシステインを配合するパブロンブランドの新製品です。錠剤と微粒の2タイプを展開しています。

 錠剤は15歳以上は1回2錠を、8~14歳は1回1錠を、いずれも1日3回服用します。また、微粒は15歳以上は1回1包を、8~14歳は1回1/2包を、いずれも1日3回まで服用可能です。食後なるべく30分以内に服用しましょう。

成分の組み合わせが「医療機関からの処方」と類似

 去痰成分のアンブロキソール塩酸塩(商品名ムコソルバンなど)とL-カルボシステイン(ムコダインなど)の組み合わせは、かぜで診察を受けた際によく処方される組み合わせです。これらを1つの薬に配合したことで、咳や痰の症状の緩和作用を強化しています。咳が出る人や喉が痛い人に適しています。

 解熱鎮痛成分としてアセトアミノフェンを配合しているため、8歳から服用可能です。ただし、授乳中の女性は服用を避けましょう。

 微粒は柑橘系の風味を付けたり、粒を口中でざらつかず、むせにくい大きさにするなど、服用しやすく工夫されています。

三上 彰貴子(みかみ あきこ)
株式会社A.M.C代表取締役社長・薬剤師
三上 彰貴子(みかみ あきこ) 製薬会社勤務後、コンサルティング会社勤務を経て2005年から現職。医療分野のコンサルティングを行う傍ら、市販薬に関する寄稿や講師の活動も行う。

(出典:日経ドラッグインフォメーション2015年10月号/記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「糖尿病」は予備群のうちに手を打つ

    話題の「食後高血糖」や「血糖値スパイク」って? 気になる最新情報を総まとめ

  • 男性ホルモンを増やす5つのポイント

    年齢とともに、男性ホルモンの低下から、体調が優れない、イライラする、よく眠れないという症状が表れる。こうした状態を放っておくと、身体機能の低下やうつ病、メタボリック症候群などの病気リスクが高まってしまう。男性ホルモンについて正しく理解し、どのように生活習慣を改めれば男性ホルモンが増え、ハツラツとした生活を取り戻せるのかについて、5つのポイントにまとめて紹介しよう。

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.