日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 市販薬トレンドウォッチ  > 日本初の月経前症候群用市販薬「プレフェミン」
印刷

市販薬トレンドウォッチ

日本初の月経前症候群用市販薬「プレフェミン」

有効成分はチェストベリー

 三上 彰貴子=株式会社A.M.C代表取締役社長・薬剤師

本コラムは薬剤師向け専門誌「日経ドラッグインフォメーション」2014年10月号「OTCトレンドウォッチ(NewProducts)」からの転載です。薬剤師向けの内容を、一部改編しています。 市販薬は、薬剤師や登録販売者に相談のうえで購入してください。

 薬剤師の対面による情報提供および指導が必須な要指導医薬品が、相次いで発売されました。今回は、新たに登場した要指導医薬品の中から、「プレフェミン」について紹介します。

写真1◎ プレフェミン
日本初の月経前症候群(PMS)用市販薬
西洋ハーブのチェストベリー含有

 プレフェミン(ゼリア新薬工業)は、市販薬(OTC薬)として日本初の月経前症候群(PMS)の治療薬です。有効成分はチェストベリーで、医療用医薬品として日本で使用されたことがない、いわゆる「ダイレクトOTC」(新有効成分含有医薬品)です。

 PMSは、月経の3~10日前からイライラ、怒りっぽい、抑うつなど精神的症状、乳房の張り、頭痛などの身体的症状が表れ、月経が始まると消えていきます。黄体期の女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)の急激な変動が関わっているとされています。

 地中海沿岸地域などに自生するチェストツリーの果実であるチェストベリーは、ギリシャ・ローマ時代から婦人科系疾患の治療に用いられてきた西洋ハーブです。その働き(作用機序)の1つとしてドパミン受容体を刺激してプロラクチンの分泌を抑える作用が知られています。プロラクチンとは妊娠中、授乳初期に多く分泌されるホルモンで、エストロゲンとプロゲステロンの正常な分泌を妨げます。このプロラクチンの分泌を抑えることで、女性ホルモンのバランスを整えると考えられています。

 日本では医療用医薬品としての使用経験はありませんが、チェストベリーは欧州薬局方などの公定書に収載され、品質、安全性および有効性が評価されています。

 1錠中にチェストベリー乾燥エキス40mg(チェストベリー180mgに相当)が含まれています。成人女性18歳以上が使用でき、1日1回1錠を服用します。

1カ月以上服用を続けてみる

 臨床試験では、服用期間が1周期(月経が始まってから次の月経が始まる前日までの期間)では64.2%、2周期では80.6%、3周期では91.0%でPMSの症状が改善しました。この結果から1カ月以上続けて服用するのが良いとされています。

 ただし、1カ月程度服用しても症状が改善しない、あるいは症状が改善しても3カ月を超えて服用する場合には、医師に相談してください。また、月経周期に関係なく症状がある、症状が重く日常生活に支障がある、うつ病の診断を受けている、月経に関係なく乳房のしこりや張りがある、月経不順などの場合も、医療機関を受診しましょう。妊娠中にこの薬を使った場合の安全性は明らかにされていない(確立されていない)ため、妊娠に気付いた時点で服用を中止してください。

三上 彰貴子(みかみ あきこ)
株式会社A.M.C代表取締役社長・薬剤師
三上 彰貴子(みかみ あきこ) 製薬会社勤務後、コンサルティング会社勤務を経て2005年から現職。医療分野のコンサルティングを行う傍ら、市販薬に関する寄稿や講師の活動も行う。

(出典:日経ドラッグインフォメーション2014年10月号/記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.