日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 市販薬トレンドウォッチ  > ステロイドの強さが異なる皮膚治療薬「コートf シリーズ」
印刷

市販薬トレンドウォッチ

ステロイドの強さが異なる皮膚治療薬「コートf シリーズ」

皮膚が薄い赤ちゃんや大人の顔にも使える

 三上 彰貴子=株式会社A.M.C代表取締役社長・薬剤師

本コラムは薬剤師向け専門誌「日経ドラッグインフォメーション」2015年7月号「OTCトレンドウォッチ(NewProducts)」からの転載です。薬剤師向けの内容を、一部改編しています。市販薬は、薬剤師や登録販売者に相談のうえで購入してください。

 コートfシリーズ(田辺三菱製薬)は、年齢によって異なる皮膚のバリア機能に着目した皮膚治療薬です。コートfシリーズのラインアップは、「コートf MD」「コートf AT軟膏」「コートf ATクリーム」の3つ。

weakランクのステロイドを含む「コートf MD」

写真1◎ コートf MD
コートf MD
weakランクのステロイド、プレドニゾロンを配合。
[画像のクリックで拡大表示]

 コートf MDは、「赤ちゃんにも使える」のが特徴です。皮膚が薄い乳児や、成人の顔面や陰部などの部位への使用に向いています。皮膚が薄いとバリア機能が低く、薬剤が浸透しやすいことがわかっています。そのため、外用ステロイドの分類では「weak」に入るプレドニゾロンが配合されています。効能・効果は湿疹、皮膚炎、かぶれ、かゆみ、虫さされ、あせも、じんましん、しもやけなどです。

mediumランクのステロイドを含む「コートf AT」

写真2◎ コートf AT
コートf AT
mediumランクのステロイド、プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル(PVA)を配合。
[画像のクリックで拡大表示]

 もう1つのコートf ATは、小児より大きい人を対象とした、かゆみを我慢できない虫刺されやかぶれなどに適しています。ステロイドの分類では「medium」にランクされるプレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル(PVA)、かゆみや痛みを感じる神経をブロックする局所麻酔薬のリドカインを含んでいます。効能・効果はコートf MDと同じ、湿疹、皮膚炎、かぶれ、かゆみ、虫さされ、あせも、じんましん、しもやけなどです。

 コートf ATは、軟膏とクリームの2タイプを展開しています。刺激感が比較的少ない軟膏、べたつかず患部に塗りやすいクリームと使い勝手で選ぶのも手です。

 小児科では、乳幼児のあせもや虫刺されに弱いステロイドが処方されることがありますが、ステロイドの使用をためらう保護者が時々いらっしゃいます。ステロイドは炎症やかゆみを比較的速やかに鎮めて、早く治すことができるメリットがあります。あせもや虫刺されなどでは、早い段階からステロイドを正しく使い、掻き壊しによるさらなる皮膚トラブルを予防しましょう。

 7日間以上の使用は避け、5~6日間使っても症状が改善しない場合は受診しましょう。また、患部に塗る量は添付文書を参考にし、わからないことは薬剤師や登録販売者に相談してください。

三上 彰貴子(みかみ あきこ)
株式会社A.M.C代表取締役社長・薬剤師
三上 彰貴子(みかみ あきこ) 製薬会社勤務後、コンサルティング会社勤務を経て2005年から現職。医療分野のコンサルティングを行う傍ら、市販薬に関する寄稿や講師の活動も行う。

(出典:日経ドラッグインフォメーション2015年7月号/記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.