日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 市販薬トレンドウォッチ  > グリチルリチン酸を新配合「エージーノーズアレルカット」
印刷

市販薬トレンドウォッチ

グリチルリチン酸を新配合「エージーノーズアレルカット」

使用感の異なる3つのタイプで登場

 三上 彰貴子=株式会社A.M.C代表取締役社長・薬剤師

本コラムは薬剤師向け専門誌「日経ドラッグインフォメーション」2015年1月号「OTCトレンドウォッチ(NewProducts)」からの転載です。薬剤師向けの内容を、一部改編しています。市販薬は、薬剤師や登録販売者に相談のうえで購入してください。

写真1◎ エージーノーズ アレルカット
左から「患部に留まるモイストタイプ」「さっぱりソフトタイプ」「すっきりクールタイプ」。好みの使用感で商品を選ぶことができます。
[画像のクリックで拡大表示]

 もうすぐ花粉症の季節がやってきます。エージーノーズアレルカット(第一三共ヘルスケア)は、従来のエージーノーズの処方に、抗炎症成分グリチルリチン酸二カリウムを新たに配合した製品で、点鼻薬(写真1)と点眼薬があります。

 エージーノーズは、1997年にスイッチ化された抗アレルギー成分のクロモグリク酸ナトリウムを配合する市販薬として、日本で初めて開発された抗アレルギー薬です。

 ケミカルメディエータ遊離抑制作用がある(アレルギー誘発物質の放出を抑え、アレルギー症状を緩和する)クロモグリク酸のほか、第1世代抗ヒスタミン成分(アレルギー症状を起こすヒスタミンの受容体結合をブロックし、くしゃみや鼻水を抑える)のクロルフェニラミンマレイン酸塩、交感神経のα1刺激作用により強い末梢血管収縮作用(鼻粘膜の腫れや充血を抑え、鼻づまりを改善)が持続するナファゾリン塩酸塩が配合されています。

 今回、新たに配合されたグリチルリチン酸二カリウムは、抗炎症作用を持つ成分で、アレルギー反応による鼻の炎症を鎮めます。

 点鼻薬では、清涼感のあるl-メントールや香料を配合した「すっきりクールタイプ(C)」、添加物にエタノールを含まずに染みにくい「さっぱりソフトタイプ(S)」、カルボキシビニルポリマーを添加してとろみを付けた「患部に留まるモイストタイプ(M)」の3種類が登場しました。いずれも配合成分は同じです。使い心地の好みによって選ぶとよいでしょう。

 効能・効果は、花粉やハウスダスト(室内塵)などによる、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、頭重(頭が重い)といった鼻アレルギー症状の緩和。7歳以上から使用でき、1回当たり両方の鼻に1噴霧ずつ、1日3〜5回使用します。連続して使用する場合には、前回の噴霧から3時間以上空けてください。

 使用後は眠気を催すことがあるので、乗り物や機械類の運転操作を避けてください。抗アレルギー薬を含む点鼻薬は使用効果を実感しやすい反面、使い過ぎるとかえってひどい鼻づまりを誘発する恐れがあります。用法・用量を守って使用しましょう。

 なお、点眼薬や内服の抗アレルギー薬を併用しても問題はありませんが、抗ヒスタミン成分が重複するため、特に乗り物や機械類の運転操作は避けてください。

三上 彰貴子(みかみ あきこ)
株式会社A.M.C代表取締役社長・薬剤師
三上 彰貴子(みかみ あきこ) 製薬会社勤務後、コンサルティング会社勤務を経て2005年から現職。医療分野のコンサルティングを行う傍ら、市販薬に関する寄稿や講師の活動も行う。

(出典:日経ドラッグインフォメーション2015年1月号/記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.