日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 医療問題なぜなにゼミナール  > 第4回 セカンドオピニオンを聞いてみたいと思ったら  > 2ページ目
印刷

医療問題なぜなにゼミナール

第4回 セカンドオピニオンを聞いてみたいと思ったら

セカンドオピニオン外来の「ルール」を踏まえた上で活用を

 山口育子=NPO法人ささえあい医療人権センターCOML理事長

 セカンドオピニオン外来を担当したことのある医師から、こんな話を聞くことがしばしばあります。

「『どうしてもこの病院に入院したい』と梃子でも動こうとせず、自分の希望をゴリ押しで通そうとする。ほとほと困ってしまう」

「『有名病院で大丈夫と言われたい』という目的で利用する患者さんが結構いる。別の専門家の意見を聞きたいというよりは、自分が希望する“結論”に沿った説明を聞きたいがために来院するので、対応にエネルギーを消耗する」

 こうした形の使い方は、セカンドオピニオンの本来の趣旨から外れていますし、病院側も困ってしまいます。

 もちろん、今かかっているドクターの説明で十分納得できたり、別のドクターの意見を聞く必要性を感じなかったりする場合は、無理にセカンドオピニオンを求める必要はありません。また、逆に、セカンドオピニオンを聞くのに変な遠慮をする必要もありません。私の知り合いのある放射線腫瘍医は、「僕は患者さんにセカンドオピニオンを受けてきてほしいと推奨しています。自分が正しい診断を下し、適切な治療法を提案していれば、セカンドオピニオンを受けた後の方が、自分への信頼がより厚くなるので」と、常々話しています。

セカンドオピニオンを求める際のポイント

 さて、セカンドオピニオン外来にかかるには、今かかっている病院から、紹介状(公的医療保険のルール上の名称は診療情報提供書)を書いてもらう必要があります。

 通常、別の病院にかかる際に書いてもらう紹介状には、費用が発生します。診療報酬上では「診療情報提供料」として規定されており、その報酬は250点(1点=10円なので2500円)ですので、患者の自己負担は750円(3割負担の場合)となります(2014年4月の診療報酬改定時点)。一方、紹介状がセカンドオピニオンを目的とする場合は、診療報酬は倍の500点(同5000円)で、患者の自己負担も倍の1500円(3割負担の場合)になります。両者の額は異なるもののともに診療報酬として設定されているという事実は、患者がセカンドオピニオンを求めることが、公的医療保険上でも認められていることを意味します。

 最後に、セカンドオピニオンを求める際のポイントをまとめておきましょう。

セカンドオピニオンを求める際の3つのポイント

1)セカンドオピニオンを聞く前に、まずはファーストオピニオンをしっかりと聞いておく

2)あらかじめセカンドオピニオンを聞いてみたいと希望する医療機関に問い合わせ、時間や費用、申し込んでから実際にセカンドオピニオンを聞くまでの待機日数などを確認する

3)申し込む段階で、自分が聞きたい項目をある程度絞り込んでおく。質問項目を申込用紙に記入するように求められることもあります。聞きたい内容に関して必要な情報(これまでの治療歴や飲んでいる薬の種類など)をまとめておくとスムーズです

 以上の3ポイントを押さえた上で、セカンドオピニオンを有効に活用してみてください。

【関連連載】
COML患者相談室
COML患者塾

山口育子(やまぐち いくこ)
NPO法人ささえあい医療人権センターCOML(コムル)理事長
山口育子(やまぐち いくこ) 大阪市生まれ。自らの患者体験から、患者の自立と主体的医療の必要性を痛感していた1991年11月、COMLと出会う。「私たち一人ひとりが『いのちの主人公』『からだの責任者』。そんな自覚を持った『賢い患者になりましょう』をキャッチフレーズとした活動趣旨に共感し、1992年2月にCOMLのスタッフとして参加。創設者の辻本好子氏の死去により、理事長に就任。COMLでは、電話相談や各種セミナーなどを積極的に実施。このほか、厚生労働省をはじめとした各種検討会の委員としても幅広く活動している。

先頭へ

前へ

2/2 page

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 肩の痛みから高血圧まで、「姿勢の崩れ」は様々な不調の原因に

    「姿勢」が、肩こりや腰痛の原因になることを知っている人は多いだろうが、足の痛みや高血圧、誤嚥性肺炎まで、全身の様々な不調・疾患の原因になることをご存じの方は少ないかもしれない。これまでに掲載した人気記事から、姿勢と様々な病気・不調との関係について知っておきたいことをコンパクトにまとめた。

  • あなたも「隠れ心房細動」?! 高齢化で急増する危険な不整脈

    脈の速さやリズムが乱れる「不整脈」。その一種である「心房細動」は、高齢化に伴い患者数が増加しており、潜在患者も含めると100万人を超えると言われている。心房細動の怖いところは、放置すると脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こす可能性があることだ。本記事では、心房細動の症状や早期発見のコツ、治療のポイントなどをコンパクトにまとめた。

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday春割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.