日経グッデイ

医療問題なぜなにゼミナール

最終回 COMLが提唱する『いのちとからだの10か条』とは?

子どもたちにも伝えたい「命や体は自分で守るもの」

 山口育子=NPO法人ささえあい医療人権センターCOML理事長

誰もがいつかはお世話になる「医療」。ですが、自分や家族が病気になるまで、医療については特に関心がないという人も多いのではないでしょうか。医師との付き合い方や医療制度の動向まで、いざという時にあわてず、安心して治療を受けるために必要な知識をNPO法人ささえあい医療人権センターCOML(コムル)理事長の山口育子さんが伝授します。

 2016年8月に、東京大学大学院医療コミュニケーション講座とのコラボレーションで、東大&COML共催「夏休み★親子で学ぼう『こどものいのちとからだの10か条』」を開催しました。主に東大病院のホームページで知ったという9人の小学生と保護者が参加してくれました。

 子ども向けの『いのちとからだの10か条』は、COMLが2014年につくったものです。子どものころから「いのちやからだは自分で守るもの」という意識を持ち、せめて小学生になったら、医療機関を受診したときに自分で自覚症状を伝えようというメッセージを込めました。

いのちとからだの10カ条(子ども向け)
[画像のクリックで拡大表示]
  • 1.いのちとからだはあなたのもの
  • 2.食事・すいみん・手洗い─予防が大事
  • 3.からだの変化に気づこうね
  • 4.お医者さんには自分で症状を伝えよう
  • 5.わからないことはわかるまで聞いてみよう
  • 6.自分がどうしたいかを伝えよう
  • 7.治療を受けるときはあなたが主人公
  • 8.お薬は約束守って使おうね
  • 9.みんな違いがあって当たり前
  • 10.だれのいのちもとっても大切

小学生を対象にワークショップを開催

 今回のワークショップは、オブザーバーなど関係者を含めて総勢20名余り。お互いにまったく面識のない子どもたちなので、最初は会場内に緊張感が漂っていました。

 子どもたち用の椅子を横並びで5席ずつ縦2列に並べ、その後ろに保護者やオブザーバーの席を用意。「子どもは、青い椅子の好きなところに座ってください」と伝えると、何と前列の真ん中から席が埋まっていきました。大人向けの講演会では前の席から埋まることは滅多にないので、子どもたちの積極性が嬉しくなりました。

 まずは講座の目的と、私自身の自己紹介から。「私の名前は山口育子です。大阪から来ました。こういう紹介をすることを自己紹介と言います。では、皆さんにも自己紹介してもらいましょう」と言うと、一人ずつ私の前に立って参加者の方を向き、全員がしっかりと自己紹介をしてくれました。

子どもたちの知識や考えは大人に劣らない

 実は、『いのちとからだの10か条』を用いたワークショップは以前にも何度か行っています。いつもながら、どのような子どもが集まってくれるのか始めてみるまで分からないので、正直、非常にチャレンジングです。

 ワークショップでは、単に10か条の内容を子どもに教えるのではなく、意見を引き出すことを重視しています。子どもたちの表情に集中しながら、言葉を選んだり探したりしているときにはできるだけ待って……。そうすると、子どもたちは実に素晴らしい発想や意見を述べてくれるのです。

 この日もそうでした。私が「(いのちとからだの10か条の)1番を読んでくれる人は?」と聞くと、競うように元気に手が挙がりました。今回は9名のうち6名が1~2年生。まだタ行の発音がおぼつかず、ゆっくりとしか文字が読めない1年生でも、積極的に手を挙げてくれました。

 進めていくうちに、子どもたちの知識や考えが予想を超える高いレベルであることに気づきました。「2番には『食事・すいみん、手洗い─予防が大事』と書いてあるけれど、予防ってどういう意味か分かる?」と問うと、2年生の男児が「からだのなかにビョウゲンキンが入らないようにすること。ビョウゲンキンは鼻とか口とかお尻とかの穴やケガをしたところから入るんだよ」と発言。さらに「2番の左側に、歯磨きしているイラストがありますね。歯磨きは何のためにするのかな?」と聞いてみると、6年生の男児が「歯周病にならないため」(!)。これには周りの大人たちもびっくりでした。

[画像のクリックで拡大表示]

「だれのいのちもとっても大切」が好き

[画像のクリックで拡大表示]

 10か条のすべての項目について意見を出してもらった後で、「10か条の中で、好きなページや気になったページがありますか?」と全員に聞いてみたところ、10番の『だれのいのちもとっても大切』が好きという子どもが最も多く、9番の『みんな違いがあって当たり前』を挙げた子もいました。

 中には「4番の『お医者さんには自分で症状を伝えよう』は、これまでしてこなかったので、これからは自分で伝える」と意思表明した子も。5番の『わからないことはわかるまで聞いてみよう』が気になったという4年生の男児に理由を聞くと、「今まで分からないことはそのままにしていたけど、ちゃんと聞かないといけないと思ったから」としっかりと答えてくれました。

 以前に行ったワークショップでも、子どもたちから頼もしい発言が相次いで、こちらが感動することがしばしばあります。たとえば、「10番の『誰のいのちもとっても大切』が好き。だって、今は半分しか好きじゃないお友達でも、だれのいのちもとっても大切って思っていたら、最後は全部好きになるかもしれないから」と言ってくれた6歳の女児や、「4番の『医者さんには自分で症状を伝えよう』が気になった。いつもはお母さんが伝えていたんだけど、今日勉強して、自分で伝えた方が、正しく伝わると思いました」と話してくれた小3の女児などなど…。

子どもも意識を変えると行動が変わる

[画像のクリックで拡大表示]

 こんな頼もしいエピソードもあります。小学校3年生の男児が、ワークショップ終了後、インフルエンザらしき症状が出て受診することになったとき、「お医者さんに行くんだったら、僕が自分で伝えるから、練習してから行く」と言い出したそうです。ところが、いざ受診すると、ドクターはお母さんに向かって「熱はいつからですか?」と確認。すると、その子はドクターとお母さんの間に割って入って、「熱は昨日の朝から出て、測ったら39℃でした」と答え、ドクターも「あっ、ごめんね。君に聞かないとね」と向き合ってくれました。

 その子は、ドクターからの注意事項を一生懸命聞いて帰り、いつもは途中で投げ出す薬を最後まで自分の責任で使い切ったと、後でお母さんが報告してくださいました。やはり、自分が主人公という意識を持つと、行動が大きく変わるのだと実感しました。

 このような行動が当たり前にできるようになると、大人になってからの医療との向き合い方も違ってくるのではないかと思います。最近、人口の高齢化がクローズアップされることが多いですが、裏を返せば、高齢者を支える若い世代の人数が減少するということでもあります。子どものころから医療に対する意識を高めることが、何よりも大切だと思います。

【関連連載】

COML患者相談室

COML患者塾

山口育子(やまぐち いくこ)
NPO法人ささえあい医療人権センターCOML(コムル)理事長
山口育子(やまぐち いくこ) 大阪市生まれ。自らの患者体験から、患者の自立と主体的医療の必要性を痛感していた1991年11月、COMLと出会う。「私たち一人ひとりが『いのちの主人公』『からだの責任者』。そんな自覚を持った『賢い患者になりましょう』をキャッチフレーズとした活動趣旨に共感し、1992年2月にCOMLのスタッフとして参加。創設者の辻本好子氏の死去により、理事長に就任。COMLでは、電話相談や各種セミナーなどを積極的に実施。このほか、厚生労働省をはじめとした各種検討会の委員としても幅広く活動している。
日経グッデイ春割キャンペーン