日経グッデイ

医療問題なぜなにゼミナール

第16回 医療で活躍できるボランティアにはどのようなものがある?

“医療を良くする”には患者の参加がカギ

 山口育子=NPO法人ささえあい医療人権センターCOML理事長

誰もがいつかはお世話になる「医療」。ですが、自分や家族が病気になるまで、医療については特に関心がないという人も多いのではないでしょうか。医師との付き合い方や医療制度の動向まで、いざという時にあわてず、安心して治療を受けるために必要な知識をNPO法人ささえあい医療人権センターCOML(コムル)理事長の山口育子さんが伝授します。

一般の方が参加できる医療に関するボランティアには、どのようなものがあるのでしょうか。(©Kriangkrei Somintr-123rf)

 医療と接点があるボランティアとしてまず思いつくのが病院ボランティアです。病院ボランティアの活動は、外来患者へのサポート(受診案内や移動の支援など)、日本語が不自由な人への通訳ボランティア、絵本の読み聞かせ、院内の植栽の世話など多岐にわたります。自分の得意分野を生かして、比較的短時間の活動が多いようです。

 ただし、病院によって活動内容が違いますので、「ボランティアをしてみたい」と思ったら、前もって活動内容を確認しておくことをお勧めします。

同じ病気の患者が行うピア・サポート

 最近では、病院ボランティア以外にも、(1)患者の自立支援、(2)医療の改善、(3)医療政策への提案―など、私たちが参加できる場が広がりつつあります。

 (1)患者の自立支援には、前述の病院ボランティアに加えて、電話や面談による相談活動や、患者情報室のスタッフなどもあります。相談活動は、同じ病気の患者同士が行うピア・サポート(※)として、患者会などが行っている場合が多いです。同じ病気だからこそ分かり合えることも多く、経験に即した具体的な情報交換ができます。COMLの活動の柱である電話相談も、患者・家族の立場のボランティアスタッフが中心になって対応しています。

※ ピア[peer]とは同僚、仲間という意味。

 患者情報室とは、病院に設置されている患者向けの図書室のことです。病気や治療方法、薬、検査など、医療にまつわるさまざまなことを自分で調べられるように、書籍や各種パンフレット、パソコンなどが備えてあります。2000年代以降、設置する病院が増えてきました。スタッフは、書籍の整理整頓や居心地のいい空間づくりに加えて、利用者のサポートを行います。そのとき、“御用聞き”で終わってしまうのではなく、利用者が自分の知りたい情報を自分で得られるよう、まさしく自立支援をしながらサポートすることが大切です。また、利用者のニーズを把握し、不足している資料はないか、どんな取り組みが必要かを考える役割もあります。

医療系学生の実技試験の相手役になる模擬患者

「医療」を患者の立場から見て、指摘することで、その質を改善することができます。(©Ferli Achirulli-123rf)

 (2)医療の改善に資する活動としては、COMLの「病院探検隊」があります。COMLでは、病院からの依頼を受け、実際に見学ないし受診をし、改善の提言・提案を行っています。病院側には、特別な準備をすることなく普段通りの様子を見せてもらうよう頼んでいるので、私たちは「この病院に初めて訪れた患者の視点」で感じたことを伝えています。

 全国に数千人いる模擬患者も、学生や医療者のコミュニケーション能力を高めるという意味で、医療の底上げに役立っています。医学部、歯学部では2005年から共用試験が義務化され、実技試験として客観的臨床能力試験(OSCE:オスキー)が導入されました。試験の一つに医療面接があり、相手役として一般の人が模擬患者として活躍しています。

医療政策に求められる患者・住民の参画

 (3)医療政策への提案は、一般的なボランティアの位置づけとは若干異なるかもしれませんが、行政の各種委員会や病院運営、倫理審査委員会などで、患者・住民として意見を述べる役割です。2015年から策定が始まっている国の「地域医療構想 」でも、策定にあたっては「住民の声を聴く必要がある」とガイドライン に明記されていて、必要性が高まってきています。

 さらに、大学病院の本院を中心に、高度な医療を行う病院として承認されている特定機能病院について、先ごろ、承認要件が見直され、医療安全に関する外部委員を含めた監査委員会を設置することが義務化されました。外部委員として「医療を受ける立場の者」を入れることが明記されました。

 このような動きを受け、前回紹介したように、COMLでは「医療で活躍するボランティア養成講座」を基礎コースにし、アドバンスコースとして委員養成・バンク化構想を進めて行くことにしたのです(参照記事:第15回 医療で活躍できるボランティアを養成!)。

【関連連載】

COML患者相談室

COML患者塾

山口育子(やまぐち いくこ)
NPO法人ささえあい医療人権センターCOML(コムル)理事長
山口育子(やまぐち いくこ) 大阪市生まれ。自らの患者体験から、患者の自立と主体的医療の必要性を痛感していた1991年11月、COMLと出会う。「私たち一人ひとりが『いのちの主人公』『からだの責任者』。そんな自覚を持った『賢い患者になりましょう』をキャッチフレーズとした活動趣旨に共感し、1992年2月にCOMLのスタッフとして参加。創設者の辻本好子氏の死去により、理事長に就任。COMLでは、電話相談や各種セミナーなどを積極的に実施。このほか、厚生労働省をはじめとした各種検討会の委員としても幅広く活動している。
日経グッデイ春割キャンペーン