日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 病気にまつわる数字の話  > 「200人が助かる」と「400人が死ぬ」は同じ?違う?  > 2ページ目

病気にまつわる数字の話

「200人が助かる」と「400人が死ぬ」は同じ?違う?

数値の受け取り方を変える「フレーミング効果」

 北澤 京子=医療ジャーナリスト

人は「フレーミング効果」に左右される

同じ意味合いを持つ数字でも、感じ方、考え方は大きく変わる。(©Aleksandar Kosev /123RF.COM)
同じ意味合いを持つ数字でも、感じ方、考え方は大きく変わる。(©Aleksandar Kosev /123RF.COM)

 このように、表現の違いによって意思決定に影響を及ぼすことを、フレーミング効果と呼びます。ある枠(フレーム)が設定されることにより、感じ方、考え方が変わってしまうことを指しています。カーネマンらは上記の実験から、ポジティブなこと(この実験では「助かる」)が書かれていれば、ネガティブなこと(この実験では「死ぬ」)が起こるかもしれないリスクを避ける方向に、ネガティブなこと(死亡)が書かれていれば、それ自体を回避するため、あえてリスクを引き受ける方向に、選択する傾向があると述べています。

 健康や医療に関する何らかの数値に接したら、フレーミング効果を意識して、いったん逆向きの表現をしてみるとよいと思います。たったこれだけのことですが、数値をより客観的にとらえることにつながります。

 たとえば、かぜをひいて会社を休んだ人が、市販のあるかぜ薬を飲めば、3日以内にかぜが治る確率が80%と予想されたとしましょう。「3日以内にかぜが治る割合が80%ある」とポジティブにとらえるか、「3日たってもかぜが治らない割合が20%ある」とネガティブにとらえるかで、そのかぜ薬を飲みたいと思うかどうか、気持ちが変化するかもしれません。ふだん健康な人が一般的なかぜにかかった場合、特に薬を飲まなくても、3日以内に治る場合もあるでしょうから、それも判断に影響を与えそうです。

 フレーミング効果は、別に健康や医療に限らず、日常生活によく登場します。たとえば、外出時に傘を持っていくかどうかを決める際、天気予報で雨が降る確率が30%と言っていたとすれば、逆に、雨が降らない確率は70%と考えてみる。もしかしたら、傘を持っていくかどうかの判断に影響するかもしれません(天気予報が何と言おうが、カバンの中に常に傘が入っているという人には、関係ありませんが…)。

 ただ、現実には、今回例示したように「数字」が明確であることはあまりなく、そもそも「有効である割合」がよく分からないことがほとんどです。つまり、「有効である割合(分子/分母)」を知ろうと思うと、「ある薬が有効であった人数(分子)」と同時に、「その薬を服用した総人数(分母)」が分からなければならないのですが、前者はさておき、後者が示されていないのが一般的だからです。

 この点については、次回引き続き考えたいと思います。

北澤京子(きたざわ きょうこ)
医療ジャーナリスト・京都薬科大学客員教授
北澤京子(きたざわ きょうこ) 著書に『患者のための医療情報収集ガイド』(ちくま新書)、訳書に『病気の「数字」のウソを見抜く:医者に聞くべき10の質問』(日経BP社)など。(撮影:直江竜也)

先頭へ

前へ

2/2 page

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.