日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 病気にまつわる数字の話  > 運動すれば健康になる? 健康だから運動できる?
印刷

病気にまつわる数字の話

運動すれば健康になる? 健康だから運動できる?

アンケートだけでは分からない因果関係

 北澤 京子=医療ジャーナリスト

「5年生存率」「検査陽性」「基準値」「平均余命」「リスク」…。皆さんは、ニュースで見かける健康・医療関連の数字の意味を、正しく理解していますか? 病気にまつわる「数字」について、誤解しがちなポイントを分かりやすく解説するとともに、数字の読み方、解釈の仕方についても、わかりやすく説明します。

 10月12日の「体育の日」に合わせて、スポーツ庁は2014年度の「体力・運動能力調査」の結果を発表しました。朝日新聞(10月12日朝刊)によると、今回の調査では初めて運動と健康との関係を分析し、「運動しているお年寄りほど、日常生活の基本動作が維持できている」ことが分かったのだそうです。

 調査では、「運動」の程度を、「ほとんど毎日(週3~4日以上)」「ときどき(週1~2日程度)」「ときたま(月1~3日程度)」「しない」の4段階に分類し、「日常生活の基本動作が維持できている」ことを「立ったままでズボンやスカートがはける」かどうかで調べました。その結果、運動する頻度が高い高齢者(65~79 歳)ほど、ズボンやスカートの更衣を「何にもつかまらないでできる」と答えた人の割合が高かったのです(下図)。「何にもつかまらないでできる」割合は、運動をしない男性では69%であったのに対し、週3~4日以上運動する男性では85%に上りました。

高齢者(65~79 歳)の「ADL(日常生活活動テスト)」及び体力・運動能力 とスポーツ・運動習慣との関係
(出典:文部科学省「平成26年度 体力・運動能力調査])
[画像のクリックで拡大表示]

アンケートでは「因果の逆転」に注意

 スポーツ庁はこの結果を、高齢者が運動を続ける励みにしてほしいと考えているかもしれません。運動することにより足腰の筋力やバランス感覚が鍛えられ、日常生活が不自由なく過ごせるようになれるのなら、望ましいに違いありません。

運動すれば健康になる? 健康だから運動できる?(©magiceyes/123RF.com)

 ただ、今回の調査だけから、「運動すれば健康になれる」と結論付けるのは少々早計です。「頻繁に運動する」ことと「立ったままズボンやスカートがはける」こととの間に関連がありそうなことは分かっても、「頻繁に運動する」ことが「立ったままズボンやスカートがはける」ことの原因とは必ずしも言えないからです。

 なぜなら、どこにもつかまらずに「立ったままズボンやスカートがはける」ような、もともと足腰が丈夫な人であるからこそ、「頻繁に運動する」ことに何の支障もない、と考えることもできるからです。そもそも、何かにつかまったり椅子に腰掛けたりしなければズボンやスカートがはけないような人は、頻繁に運動などできません。

 別の例を考えてみましょう。ある男子校のクラブ活動で、バレー部の生徒の平均身長は178cm、書道部の生徒の平均身長は166cmだったとします。このことから一見、「バレー部に入ると背が伸びる」と考えそうになります。でももしかしたら、もともと背が高い生徒がバレー部に勧誘されただけかもしれません。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.