日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 病気にまつわる数字の話  > 「5年生存率は30%」と言われたら
印刷

病気にまつわる数字の話

「5年生存率は30%」と言われたら

がんの5年生存率の読み方

 北澤 京子=医療ジャーナリスト

 国立がん研究センターは2014年9月に、胃がんや肺がんなどの「5年生存率」を検索できる新しいシステムをウェブサイト (https://kapweb.chiba-cancer-registry.org/)で公開しました(図1)。NHKニュースでも報道 されたので、ご存じの方も多いでしょう。

図1◎ 国立がん研究センターが開設したウェブサイトのトップ画面
[画像のクリックで拡大表示]

「5年生存率」とは?

 がんの5年生存率とは、がんと診断されてから5年間生きている人の割合のことです。5年生存率が30%とは、ある時点でがんと診断された100人のうち30人が5年後も生きており、70人は既に亡くなっているという意味です。がんの種類によっても異なりますが、5年生存率は、おおよそ治癒の目安と考えられています。

 同センターのプレスリリースによると、今回公開されたのは、1997~2005年に新たにがんと診断された約30万人分のデータをまとめたものです。この約30万人は、全国がん(成人病)センター協議会に加盟するがん専門診療施設で診断され、入院治療を受けたがん患者です。5年生存率の値は、集計対象者の年齢や性別の影響を受けますので(例えば、集計対象者に高齢者が多かった場合、がん以外の原因で亡くなる方が多くなるため、単純計算した5年生存率の値は低くなる)、5年相対生存率で示されます。5年相対生存率とは、生存率に影響を与える要素を補正した値のことで、「がんと診断された人のうち5年後に生存している人の割合が、日本人全体で5年後に生存している人の割合に比べてどのくらい低いか」(がん情報サービス「がんに関する用語集」より )を示します。

 検索方法には「かんたん」と「くわしい」の2通りがあります。「かんたんデータ画面」では、「部位(胃、大腸、肝、肺、乳、子宮、前立腺の7種類)」「性別(男、女、男女)」「臨床病期(1~4期の4種類)」の3要素を選んで検索します。「くわしいデータ画面」では、患者の年齢や手術の種類といった、よりくわしい条件で絞り込んで検索できます。

「5年生存率」は過去の患者の集計結果

 がんと診断された患者にとって、「あとどのくらい生きられるのか」は、その後の人生設計にもかかわる切実な問題です。5年生存率は、その一つの参考情報になると思います。5年生存率の数値を参考に、治療方針について医師と相談することもあるでしょう。

 ただ、その数値を受け止める際には、いくつか頭に入れておく方がよいことがあります。まず、今回公開されたのは、1997~2005年にがんと診断された人、つまり今から10年以上も前に診断された患者の情報を集計したものだという点です。当時と今とでは、診断技術も治療技術も違います。研究者側も、「現在は医療の進歩により、この生存率の数字よりさらに治療成績は向上していると考えてください」と述べています。

 治療成績の向上と同時に、早期発見の影響もあります。例えば、がん検診でがんが発見(診断)された場合、何らかの症状が出てから発見(診断)された場合に比べて、診断が前倒しされることになりますので、診断されてからの期間は見かけ上長くなります(この現象をリードタイム・バイアスと呼びます)。このようなバイアスがあると、5年生存率の数値は高まります。

データの集計母数に「自分」は含まれていない

 また、5年生存率は、大勢の患者のデータを集計した平均的な数値であり、かつ、ほとんどの人にとって、その中に自分自身は含まれていません。5年生存率の数値が高くても低くても、自分自身が5年後に生きているのか死んでいるのかを予測してくれるわけではありません。

 さらに言えば、例えば5年生存率が30%だった場合、「70%が亡くなる」とネガティブにとらえるか、「30%が生きている」とポジティブにとらえるかでも、ずいぶん違ってきます。またそもそも、自分が「数値も含めてできるだけ多くを知りたい」タイプなのか、「数値を知るとかえってつらくなる」タイプなのかという問題もあります。

 データは重要ですが、数字はあくまでも数字。自分が後者の「つらくなる」タイプだと思うなら、あえて5年生存率を知らずに過ごすというのも、選択肢の一つだと私は思います。

北澤京子(きたざわ きょうこ)
医療ジャーナリスト・京都薬科大学客員教授
北澤京子(きたざわ きょうこ) 著書に『患者のための医療情報収集ガイド』(ちくま新書)、訳書に『病気の「数字」のウソを見抜く:医者に聞くべき10の質問』(日経BP社)など。(撮影:直江竜也)

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.