日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 病気にまつわる数字の話  > 上の血圧が145でも元気。あなたは病院に行きますか?  > 2ページ
印刷

病気にまつわる数字の話

上の血圧が145でも元気。あなたは病院に行きますか?

人間ドック学会の基準値報道で見えてきたこと

 北澤 京子=医療ジャーナリスト

将来のリスクを知るには「横断研究」では不十分

 今回の調査のように、ある1時点でのデータを調べる研究のことを「横断研究」と言います。一方、時間の経過を追って、スタート時点である条件を満たす人が、その後どうなるかを調べる研究のことを「縦断研究」と言います。

 一般に、将来の病気のかかりやすさ(リスク)がどのくらいあるかを知るためには、「横断研究」では不十分で、「縦断研究」が必要とされています。例えば、日本高血圧学会が作成した高血圧治療ガイドライン2014 によれば、診察室で測定した血圧値が140/90mmHgを超える場合に高血圧と判定することにしています。これは、「縦断研究」の結果、血圧が高い人は低い人に比べて、脳卒中や心筋梗塞といった心血管系の病気で死亡するリスクが相対的に高いことが分かったからです(表2)。

表2◎ 血圧区分と心血管死亡との関係
血圧区分=Ⅰ:120/80未満、Ⅱ:120-129/80-84、Ⅲ:130-139/85-89、Ⅳ:140-159/90-99、Ⅴ:160-179/100-109、Ⅵ:180/105以上(文献:J Hum Hypertens. 2003; 17: 851-7.)
[画像のクリックで拡大表示]

「患者」になるかどうかは受診するかどうかで決まる?

 ですが一方で、今回の調査で「超健康人」と判定された人、要するに「今はどこも悪くない人」の中に、血圧値が145/92mmHgの人がいる可能性があるということが分かったことも、重要な情報だと思います。145/92mmHgの人は、もしも病院にかかったら高血圧と診断される(=高血圧「患者」になる)かもしれませんが、気になる症状がないのにわざわざ病院に行くことは考えにくく、そして、病院に行かなければ高血圧と診断されることもありません。

 つまり、145/92mmHgの「人」が高血圧の「患者」になるかならないかは、病院に行くか行かないかで決まることになります。

 たとえ気になる症状がなくても定期的に人間ドックに行くべきと考えるか、気になる症状がないのなら行かなくてもよいと考えるかは、必ずしも医学上の理由だけでなく、一人ひとりの考え方も関係するでしょう。自分は病気かもしれないという不安に煩わされることなく毎日を過ごしたいと願う人が多いからこそ、“緩め”の値に関心が集まったのではないかと思います。

 「どこも悪くない」ことを確認するために人間ドックに行くタイプと、「どこか悪いかもしれない」と言われるのがイヤで人間ドックに行かないタイプ、あなたはどちらですか?

北澤 京子(きたざわ きょうこ)
医療ジャーナリスト・京都薬科大学客員教授
北澤 京子(きたざわ きょうこ) 著書に『患者のための医療情報収集ガイド』(ちくま新書)、訳書に『病気の「数字」のウソを見抜く:医者に聞くべき10の質問』(日経BP社)など。(撮影:直江竜也)

先頭へ

前へ

2/2 page

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.