日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 病気にまつわる数字の話  > 上の血圧が145でも元気。あなたは病院に行きますか?
印刷

病気にまつわる数字の話

上の血圧が145でも元気。あなたは病院に行きますか?

人間ドック学会の基準値報道で見えてきたこと

 北澤 京子=医療ジャーナリスト

「5年生存率」「検査陽性」「基準値」「平均余命」「リスク」…。皆さんは、ニュースで見かける健康・医療関連の数字の意味を、正しく理解していますか? 病気にまつわる「数字」について、誤解しがちなポイントを分かりやすく解説するとともに、数字の読み方、解釈の仕方についても、わかりやすく説明します。

 しばらく前の話になりますが、日本人間ドック学会が2014年4月に公表した新しい「基準範囲 」(表1)は、マスコミでも多く取り上げられました。血圧値や血糖値など、よくある検査の多くで、現行の基準値より緩めの値が示されたからでしょう。

表1◎ 日本人間ドック学会が示した基準範囲の例
注)「今の基準値」とは、日本人間ドック学会が定める基本項目で「異常なし」とされる範囲(日本人間ドック学会の資料より抜粋して引用)
[画像のクリックで拡大表示]

 例えば、収縮期血圧値(いわゆる「上の血圧」)に関しては、下限88~上限147(今の基準で「異常なし」と判定されるのは、下限なし~上限129)、拡張期血圧値(いわゆる「下の血圧」)に関しては、下限51~上限94(同、下限なし~上限84)でした。素直に読むと、例えば血圧値が145/92mmHgの人は、今の基準では「異常なし」と判定してもらえませんが、今回発表された基準範囲には収まっていることになります。

逆は必ずしも真ならず

 そもそもこの基準範囲とは、どのようにして求められたものなのでしょうか。

 同学会の説明によると、2011年に人間ドックを受診した約150万人のうち、過去にがんなどの病気にかかったことがない、病気の治療のために薬物を常用していない、喫煙していない、といった幾つかの条件をすべて満たす約34万人をピックアップし、さらにその中から、基本検査9項目のデータが極端に高かった人と低かった人の両方を除外して、その時点で「超健康人」と考えられる約1万~1万5000人の検査値を調べたということです。

 ここで気を付けないといけないのは、「逆は必ずしも真ならず」ということです。

今の血圧値で健康であっても、将来ずっと健康であるか否かは別の話。(© Tsuboya - Fotolia.com)

 仮に「超健康人」と判定された人の血圧値が145/92mmHgだったとしても、それは必ずしも、145/92mmHgの人を「超健康人」と判定する根拠にはならないのです。今回の調査では、「超健康人」に判定された人とされなかった人との比較がなされていません。そのため、超健康人に判定されなかった人の中に145/92mmHgの人がいるかどうかが分かりません。ましてや、現在の血圧値が、「今後もずっと“超健康”である」ことの保証にはなりません。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.