日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 病気にまつわる数字の話  > 病気のリスクや治療のメリットを「見える化」して意思決定しやすく  > 2ページ目
印刷

病気にまつわる数字の話

病気のリスクや治療のメリットを「見える化」して意思決定しやすく

脳梗塞を起こすリスクは点数化できる

 北澤 京子=医療ジャーナリスト

自分のリスクを「見える化」して分かりやすく

 英国では一歩進んで、心房細動と診断された患者が抗凝固療法を行うかどうかの意思決定を手助けするためのツール(patient decision aid)が開発されています。患者が理解できるよう、具体的に分かりやすく書かれているのが特徴です。私が面白いと思ったのは、CHA2DS2-VAScスコアによって脳梗塞を起こすリスクを分類した上で、抗凝固療法により得られる利益の大きさを「見える化」している点です。

 例えば、CHA2DS2-VAScスコアが1点(低リスク)の人が1000人いたとして、全員が抗凝固療法を受けなかった場合、以後1年間で心房細動による脳梗塞を起こす人は6人です(数値は既存のデータから求めたもの)。この1000人全員が抗凝固療法を受けた場合、以後1年間で心房細動による脳梗塞を起こす人は2人に減ります。6人から2人を引いた4人は「抗凝固療法を受けたことによって脳梗塞を免れる人」、つまり、抗凝固療法でメリットを得る人ということになります。それ以外の994人は、抗凝固療法を行っても行わなくても脳梗塞を起こしません(図1)。

図1 ◎ CHA2DS2-VAScスコアが1点(低リスク)の人が心房細動による脳梗塞を起こすリスク
抗凝固療法を受けなかった場合
[画像のクリックで拡大表示]
抗凝固療法を受けた場合
[画像のクリックで拡大表示]
英国国立保健医療研究所(NICE)心房細動ガイドラインの付帯資料より一部改変
CHA2DS2-VAScスコアが1点の人が1000人いたとして、全員が抗凝固療法を受けなかった場合(左図)、以後1年間で心房細動による脳梗塞を起こす人は6人(赤い丸)。一方、1000人全員が抗凝固療法を受けた場合(右図)、心房細動による脳梗塞を起こす人は2人に減る。4人(黄色い丸)が抗凝固療法を受けたことによって脳梗塞を免れる人である。大半の人(緑の丸)は抗凝固療法に関係なく、脳梗塞を起こさない。

 同様に、CHA2DS2-VAScスコアが5点(高リスク)の人が1000人いたとして、全員が抗凝固療法を受けなかった場合、以後1年間で心房細動による脳梗塞を起こす人は84人です。この1000人全員が抗凝固療法を受けた場合、以後1年間で心房細動による脳梗塞を起こす人は27人に減ります。84人から27人を引いた57人は「抗凝固療法を受けたことによって脳梗塞を免れる人」、つまり、抗凝固療法でメリットを得る人ということになります。それ以外の916人は、抗凝固療法を行っても行わなくても脳梗塞を起こしません(図2)。

図2 ◎ CHA2DS2-VAScスコアが5点(高リスク)の人が心房細動による脳梗塞を起こすリスク
抗凝固療法を受けなかった場合
[画像のクリックで拡大表示]
抗凝固療法を受けた場合
[画像のクリックで拡大表示]
英国国立保健医療研究所(NICE)心房細動ガイドラインの付帯資料より一部改変
CHA2DS2-VAScスコアが5点の場合、全員が抗凝固療法を受けなかった場合(左図)は84人が脳梗塞を起こす(赤い丸)が、全員が抗凝固療法を受けた場合(右図)は27人に減る。57人は「抗凝固療法を受けたことによって脳梗塞を免れる人」(黄色い丸)である。

 このように図で表すと、高リスクは低リスクに比べて、メリットを得る人(黄色)がより多くなることが一目瞭然です。また、たとえリスクが高くても、図の中で最も大きな面積を占めているのは緑、つまり大半の人は脳梗塞を起こさないことを知るのも重要です。

 抗凝固療法には出血しやすくなるデメリットもありますので、自分のリスクの程度に応じて、抗凝固療法のメリットとデメリットのバランスも変わってくるはずです。

 自分にとってのメリットとデメリットを、その程度を含めて「見える化」できれば、より納得して医療を受けられるのではないでしょうか。

北澤 京子(きたざわ きょうこ)
医療ジャーナリスト・京都薬科大学客員教授
北澤 京子(きたざわ きょうこ) 著書に『患者のための医療情報収集ガイド』(ちくま新書)、訳書に『病気の「数字」のウソを見抜く:医者に聞くべき10の質問』(日経BP社)など。(撮影:直江竜也)

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.