日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 病気にまつわる数字の話  > これから10年間に、あなたが心筋梗塞・脳梗塞を起こす確率は?

病気にまつわる数字の話

これから10年間に、あなたが心筋梗塞・脳梗塞を起こす確率は?

健診結果からリスクを予測できるウェブサイトを利用してみよう

 北澤 京子=医療ジャーナリスト

「5年生存率」「検査陽性」「基準値」「平均余命」「リスク」…。皆さんは、ニュースで見かける健康・医療関連の数字の意味を、正しく理解していますか? 病気にまつわる「数字」について、誤解しがちなポイントを分かりやすく解説するとともに、数字の読み方、解釈の仕方についても、わかりやすく説明します。

今の健康状態や習慣が、この先10年間にどの程度影響を及ぼすか知りたくなりませんか。(©Kirill Cherezov-123rf)

 以前、私が翻訳した『病気の「数字」のウソを見抜く』(スティーブン・ウォロシン他著、日経BP社、2011年)には、「今後10年間に◯◯(病名)で死ぬのは1000人中何人か」をまとめた一覧表が載っていました。

 たとえば、喫煙している50歳の男性なら今後10年間に肺がんで死ぬのは1000人中18人、喫煙していない60歳の女性なら今後10年間に脳卒中で死ぬのは1000人中8人、といった具合です。リスクが数値で示されるので、具体的なイメージがしやすく、とても面白いと思ったのですが、残念ながら数値はアメリカ人のもの。日本人バージョンがあればいいのに、と訳しながら考えていました。

健康診断の数値を入力するだけでリスクを予測

 国立がん研究センターや藤田保健衛生大などの研究者が2016年5月に発表した「循環器疾患リスクチェック」で、それが(一部)実現しました。たとえば、

  • 54歳・男性、喫煙習慣あり
  • ・降圧薬の内服や糖尿病の治療は特にしていない
  • ・血圧:収縮期(上の血圧)153mmHg、拡張期(下の血圧)92mmHg
  • ・空腹時血糖:132mg/dL
  • ・脂質:HDLコレステロール35mg/dL、LDLコレステロール158mg/dL、中性脂肪(トリグリセライド)185mg/dL

 という人の場合、これらの情報を入力すると、今後10年間に

  • 心筋梗塞を発症する確率(リスク) 12.6%
  • 脳梗塞を発症する確率(リスク)  9.7%

 と瞬時に出てきます。言うまでもなく、心筋梗塞や脳梗塞は、命にかかわる重大な病気です。同じ条件の54歳の男性が100人いたら、10年以内に12人か13人は心筋梗塞、ほぼ10人は脳梗塞を発症すると言われれば、単に「血圧が高いから気をつけて」と言われるよりもずっとリアルです。

1/2 page

最後へ

次へ

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.