日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 病気にまつわる数字の話  > これから10年間に、あなたが心筋梗塞・脳梗塞を起こす確率は?  > 2ページ目
印刷

病気にまつわる数字の話

これから10年間に、あなたが心筋梗塞・脳梗塞を起こす確率は?

健診結果からリスクを予測できるウェブサイトを利用してみよう

 北澤 京子=医療ジャーナリスト

たばこをやめるだけでリスクが半減

入力データを変えることで発症リスクが変わってきます。

 入力する情報を変化させることで、発症リスクがどのくらい変わるのかを知ることもできます。たとえば上記の例で、ほかの数値を変えずに、喫煙習慣だけを「あり」から「なし」に変えてみたところ、今後10年間に心筋梗塞を発症するリスクは6.5%にほぼ半減しました。このことだけを考えても、いま喫煙している人は、まず禁煙することが大事だと分かります。

 また、他の数値を変えずに、性別だけを「男性」から「女性」に変えてみたら、リスクはぐっと下がって3.4%になりました。残念ながら、男性であることはそれだけで、心筋梗塞の発症リスクを高める要因ということになります。

 作成方法を詳しく報告した論文(Circ J. 2016; 80: 1386-95.)には、男女別に、10年間の心筋梗塞の発症リスクが一覧表で示されていました。リスクの大きさ別に色分けされており、白(無色)は1%未満、水色は1~5%未満、緑色は5~7.5%未満、黄色は7.5~10%未満、オレンジは10~12.5%未満、濃いオレンジは12.5~15%未満、赤は15%以上です。これを見ると確かに、男性は女性に比べて、色のついている部分がずっと多いことが一目瞭然です。

 「リスクチェック」に必要な情報はすべて、特定健康診査(いわゆるメタボ健診)に含まれていますので、自分の数値を知るのは比較的簡単です。ためしに、手元にあった私自身の健康診断の結果を入力してみたら、今後10年間の発症リスクは、心筋梗塞、脳梗塞ともに1%未満で、ちょっとほっとしました…。

1万5000人以上の日本人データを基に算出

 国立がん研究センターの多目的コホート研究(JPHC Study)のウェブサイトによると、この「リスクチェック」は、1993年度に茨城、新潟、高知、長崎、沖縄にある9カ所の保健所管内に住んでいた1万5672人(40~69歳)にアンケートと血液検査を受けてもらい、平均約16年追跡したデータが基になっています。研究をはじめてから20年以上もの年月がかかっていることになります。

 追跡期間中に、この集団内の192人が心筋梗塞、552人が脳梗塞を発症しました。発症した人としなかった人との違いから、発症リスクを予測するために必要な情報を絞り込んだ結果、「性別」「年齢」「喫煙/非喫煙」「降圧薬の有無」「収縮期血圧(上の血圧)」「糖尿病の有無」「HDLコレステロール」「non-HDLコレステロール」の8つになり(脳梗塞の発症予測には「non-HDLコレステロール」は含まれない)、それらの情報を基にリスクを予測する式を完成させました。さらに、別の集団(1万1598人)にこの式をあてはめ、妥当性を確認しています。

 今後、「リスクチェック」を用いて一人ひとりの発症リスクを数値で示すことにより、生活習慣の改善や、ひいては病気の予防に結びつくのか、さらに興味が湧いてきました。

北澤 京子(きたざわ きょうこ)
医療ジャーナリスト・京都薬科大学客員教授
北澤 京子(きたざわ きょうこ) 著書に『患者のための医療情報収集ガイド』(ちくま新書)、訳書に『病気の「数字」のウソを見抜く:医者に聞くべき10の質問』(日経BP社)など。(撮影:直江竜也)

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.