日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 病気にまつわる数字の話  > これから10年間に、あなたが心筋梗塞・脳梗塞を起こす確率は?  > 2ページ目
印刷

病気にまつわる数字の話

これから10年間に、あなたが心筋梗塞・脳梗塞を起こす確率は?

健診結果からリスクを予測できるウェブサイトを利用してみよう

 北澤 京子=医療ジャーナリスト

たばこをやめるだけでリスクが半減

入力データを変えることで発症リスクが変わってきます。
入力データを変えることで発症リスクが変わってきます。

 入力する情報を変化させることで、発症リスクがどのくらい変わるのかを知ることもできます。たとえば上記の例で、ほかの数値を変えずに、喫煙習慣だけを「あり」から「なし」に変えてみたところ、今後10年間に心筋梗塞を発症するリスクは6.5%にほぼ半減しました。このことだけを考えても、いま喫煙している人は、まず禁煙することが大事だと分かります。

 また、他の数値を変えずに、性別だけを「男性」から「女性」に変えてみたら、リスクはぐっと下がって3.4%になりました。残念ながら、男性であることはそれだけで、心筋梗塞の発症リスクを高める要因ということになります。

 作成方法を詳しく報告した論文(Circ J. 2016; 80: 1386-95.)には、男女別に、10年間の心筋梗塞の発症リスクが一覧表で示されていました。リスクの大きさ別に色分けされており、白(無色)は1%未満、水色は1~5%未満、緑色は5~7.5%未満、黄色は7.5~10%未満、オレンジは10~12.5%未満、濃いオレンジは12.5~15%未満、赤は15%以上です。これを見ると確かに、男性は女性に比べて、色のついている部分がずっと多いことが一目瞭然です。

 「リスクチェック」に必要な情報はすべて、特定健康診査(いわゆるメタボ健診)に含まれていますので、自分の数値を知るのは比較的簡単です。ためしに、手元にあった私自身の健康診断の結果を入力してみたら、今後10年間の発症リスクは、心筋梗塞、脳梗塞ともに1%未満で、ちょっとほっとしました…。

1万5000人以上の日本人データを基に算出

 国立がん研究センターの多目的コホート研究(JPHC Study)のウェブサイトによると、この「リスクチェック」は、1993年度に茨城、新潟、高知、長崎、沖縄にある9カ所の保健所管内に住んでいた1万5672人(40~69歳)にアンケートと血液検査を受けてもらい、平均約16年追跡したデータが基になっています。研究をはじめてから20年以上もの年月がかかっていることになります。

 追跡期間中に、この集団内の192人が心筋梗塞、552人が脳梗塞を発症しました。発症した人としなかった人との違いから、発症リスクを予測するために必要な情報を絞り込んだ結果、「性別」「年齢」「喫煙/非喫煙」「降圧薬の有無」「収縮期血圧(上の血圧)」「糖尿病の有無」「HDLコレステロール」「non-HDLコレステロール」の8つになり(脳梗塞の発症予測には「non-HDLコレステロール」は含まれない)、それらの情報を基にリスクを予測する式を完成させました。さらに、別の集団(1万1598人)にこの式をあてはめ、妥当性を確認しています。

 今後、「リスクチェック」を用いて一人ひとりの発症リスクを数値で示すことにより、生活習慣の改善や、ひいては病気の予防に結びつくのか、さらに興味が湧いてきました。

北澤 京子(きたざわ きょうこ)
医療ジャーナリスト・京都薬科大学客員教授
北澤 京子(きたざわ きょうこ) 著書に『患者のための医療情報収集ガイド』(ちくま新書)、訳書に『病気の「数字」のウソを見抜く:医者に聞くべき10の質問』(日経BP社)など。(撮影:直江竜也)

先頭へ

前へ

2/2 page

日経グッデイ初割春割キャンペーン2022

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 放置すると命を脅かす「高血圧」 140未満でも油断禁物

    収縮期血圧(上の血圧)が基準値の140より低くても130以上であれば「高値血圧」と言い、生活改善が望まれる。そこで本記事では、なぜ血圧を下げる必要があるのかや、手軽で効果的な「血圧リセット術」について紹介する。今年こそ、高血圧を改善しよう。

  • 健康長寿の生命線! 放置は禁物 「腎臓」の異常値

    生命維持に欠かせないさまざまな機能を担っている腎臓は、よほど悪くならない限り悲鳴を上げない「沈黙の臓器」でもある。本記事では、大切な腎機能が失われる前に、異常値にどう対処すればいいか、腎臓を守るためにはどのような生活習慣に気を付けていけばいいかについて解説する。

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン2022

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.