日経グッデイ

病気にまつわる数字の話

薬の効果を測る「治療必要数」とは?

数値が小さいほど効果が高い

 北澤 京子=医療ジャーナリスト

「5年生存率」「検査陽性」「基準値」「平均余命」「リスク」…。皆さんは、ニュースで見かける健康・医療関連の数字の意味を、正しく理解していますか? カラダにまつわる「数字」について、誤解しがちなポイントを分かりやすく解説するとともに、数字の読み方、解釈の仕方についても、わかりやすく説明します。

 医療の世界では、「100%」はめったに起こりません。医療ミスを完全にゼロにする(100%防ぐ)のは至難の業でしょうし、インフルエンザを100%予防するワクチンもできていません。患者にとっても、指示された通り100%きちんと薬を飲むのは、意外に難しいものです。

 薬の効果についても同じです。どの患者にも必ず効く、言い換えれば「100%有効」な薬があればよいのですが、実際には、効く人もいれば、効かない人もいます。そのため、薬の効果は効いた人の「割合」で判断することになります(「TVショッピング番組では明らかにされない大事なこと」)。

RE-LY試験から効果の大きさを考えてみる

 前回の記事(「医薬品の広告に「相対的表現」が多い理由」)で、ダビガトランという血液が固まりにくくする薬を、ワルファリンという別の薬と比較した臨床試験(RE-LY試験、N Engl J Med. 2009; 361: 1139-51.)を紹介しました。心房細動の患者が、脳卒中を予防するために用いる薬です。脳卒中または全身性塞栓症を起こした人は、ダビガトラン(150mg群)では1年当たり発症率が1.11%、ワルファリン群では1.69%でした。ダビガトラン群で発症率がより低かった、つまり、脳卒中をより多く予防できたことになります。ここでも薬の効果が割合(%)で記載されています。

病気になる人をあと1人減らすには、あと何人に薬を飲んでもらえばいいのか? このような考え方で、効果を測る手法もある。(©Leung Cho Pan-123rf)

 では次に、脳卒中や全身性塞栓症を起こしてしまう人をあと1人減らす(予防する)ためには、何人の患者に、ワルファリンではなくダビガトランを飲んでもらう必要があるのか、という点について考えてみましょう。私自身の経験では、この種のことを考える場合は、パーセントで考えるより実数で考えるほうが理解しやすいです。そこで今回も、実数に置き換えることにします。

 まず、ダビガトラン群、ワルファリン群がそれぞれ1万人いたとします。つまり、1万人がダビガトランを飲み、別の1万人がワルファリンを飲んだとします。

 1年後に脳卒中または全身性塞栓症を起こした人は、RE-LY試験の結果を当てはめると、ダビガトラン群では1.11%なので111人、ワルファリン群では1.69%なので169人いたことになります。その差は58人です。この58人は、「ワルファリンを飲む代わりにダビガトランを飲んだことにより、脳卒中を予防できた人数」といえます。

 ここまでをまとめると、1万人がダビガトランを飲み、うち58人が、ワルファリンを飲む代わりにダビガトランを飲むことによって脳卒中を予防できたことになります。

治療で恩恵を受ける人をあと1人増やす

 人数を半分にしてみましょう。5000人がダビガトランを飲むと、うち29人が、ワルファリンを飲む代わりにダビガトランを飲むことによって脳卒中を予防できたことになります。さらに人数を3分の1にすると、約1700人がダビガトランを飲むと、うち約10人が、ワルファリンを飲む代わりにダビガトランを飲むことによって脳卒中を予防できたことになります。

 さらに人数を10分の1にすると、約170人がダビガトランを飲むと、うち1人が、ワルファリンを飲む代わりにダビガトランを飲むことによって脳卒中を予防できたことになります。そう、「脳卒中や全身性塞栓症を起こしてしまう人をあと1人減らす(予防する)ためには、何人の患者に、ダビガトランを飲んでもらう必要があるのか」という最初の問いに対する答えは、約170人ということになります。

 この約170人という数値は、「ある治療による恩恵を受ける人をあと1人増やすために必要な、その治療を受ける人数」と言い換えることができます。これを縮めて「治療必要数」、英語では「Number Needed to Treat」、略して「NNT(エヌエヌティー)」といいます(念のため申し添えますが、NTTではなくNNTです)。

治療必要数(NNT)の値が小さいほど治療効果が大きい

 NNTは、簡単な計算で求められます。比較したい両群間の差(前回の記事で言えば「絶対的な表現」)をとって、その逆数を取ればよいのです。式にすると、(1÷[絶対値の差])です。RE-LY試験の例で計算すると、NNTは、(1÷[0.0169-0.0111])=(1÷0.0058)=172.4人となります。

 NNTを用いれば、治療法や予防法の効果を、たった1つの数値で表すことができます。もうお分かりかもしれませんが、NNTは、数値が少ないほど効果が大きいことを意味します(恩恵を受ける人をあと1人増やすのに必要な人数が少なくて済むわけですから)。NNTが10の治療法と、NNTが100の治療法とでは、NNTが10の治療法の方が、効果が大きいといえます。このように、NNTは、複数の方法を比較するときにも便利です。

北澤 京子(きたざわ きょうこ)
医療ジャーナリスト・京都薬科大学客員教授
北澤 京子(きたざわ きょうこ) 著書に『患者のための医療情報収集ガイド』(ちくま新書)、訳書に『病気の「数字」のウソを見抜く:医者に聞くべき10の質問』(日経BP社)など。(撮影:直江竜也)