日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 病気にまつわる数字の話  > 薬の効果を測る「治療必要数」とは?
印刷

病気にまつわる数字の話

薬の効果を測る「治療必要数」とは?

数値が小さいほど効果が高い

 北澤 京子=医療ジャーナリスト

「5年生存率」「検査陽性」「基準値」「平均余命」「リスク」…。皆さんは、ニュースで見かける健康・医療関連の数字の意味を、正しく理解していますか? カラダにまつわる「数字」について、誤解しがちなポイントを分かりやすく解説するとともに、数字の読み方、解釈の仕方についても、わかりやすく説明します。

 医療の世界では、「100%」はめったに起こりません。医療ミスを完全にゼロにする(100%防ぐ)のは至難の業でしょうし、インフルエンザを100%予防するワクチンもできていません。患者にとっても、指示された通り100%きちんと薬を飲むのは、意外に難しいものです。

 薬の効果についても同じです。どの患者にも必ず効く、言い換えれば「100%有効」な薬があればよいのですが、実際には、効く人もいれば、効かない人もいます。そのため、薬の効果は効いた人の「割合」で判断することになります(「TVショッピング番組では明らかにされない大事なこと」)。

RE-LY試験から効果の大きさを考えてみる

 前回の記事(「医薬品の広告に「相対的表現」が多い理由」)で、ダビガトランという血液が固まりにくくする薬を、ワルファリンという別の薬と比較した臨床試験(RE-LY試験、N Engl J Med. 2009; 361: 1139-51.)を紹介しました。心房細動の患者が、脳卒中を予防するために用いる薬です。脳卒中または全身性塞栓症を起こした人は、ダビガトラン(150mg群)では1年当たり発症率が1.11%、ワルファリン群では1.69%でした。ダビガトラン群で発症率がより低かった、つまり、脳卒中をより多く予防できたことになります。ここでも薬の効果が割合(%)で記載されています。

病気になる人をあと1人減らすには、あと何人に薬を飲んでもらえばいいのか? このような考え方で、効果を測る手法もある。(©Leung Cho Pan-123rf)

 では次に、脳卒中や全身性塞栓症を起こしてしまう人をあと1人減らす(予防する)ためには、何人の患者に、ワルファリンではなくダビガトランを飲んでもらう必要があるのか、という点について考えてみましょう。私自身の経験では、この種のことを考える場合は、パーセントで考えるより実数で考えるほうが理解しやすいです。そこで今回も、実数に置き換えることにします。

 まず、ダビガトラン群、ワルファリン群がそれぞれ1万人いたとします。つまり、1万人がダビガトランを飲み、別の1万人がワルファリンを飲んだとします。

 1年後に脳卒中または全身性塞栓症を起こした人は、RE-LY試験の結果を当てはめると、ダビガトラン群では1.11%なので111人、ワルファリン群では1.69%なので169人いたことになります。その差は58人です。この58人は、「ワルファリンを飲む代わりにダビガトランを飲んだことにより、脳卒中を予防できた人数」といえます。

 ここまでをまとめると、1万人がダビガトランを飲み、うち58人が、ワルファリンを飲む代わりにダビガトランを飲むことによって脳卒中を予防できたことになります。

1/2 page

最後へ

次へ

日経グッデイ初割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.