日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > コラム  > 病気にまつわる数字の話  > 薬の効果を測る「治療必要数」とは?  > 2ページ
印刷

病気にまつわる数字の話

薬の効果を測る「治療必要数」とは?

数値が小さいほど効果が高い

 北澤 京子=医療ジャーナリスト

治療で恩恵を受ける人をあと1人増やす

 人数を半分にしてみましょう。5000人がダビガトランを飲むと、うち29人が、ワルファリンを飲む代わりにダビガトランを飲むことによって脳卒中を予防できたことになります。さらに人数を3分の1にすると、約1700人がダビガトランを飲むと、うち約10人が、ワルファリンを飲む代わりにダビガトランを飲むことによって脳卒中を予防できたことになります。

 さらに人数を10分の1にすると、約170人がダビガトランを飲むと、うち1人が、ワルファリンを飲む代わりにダビガトランを飲むことによって脳卒中を予防できたことになります。そう、「脳卒中や全身性塞栓症を起こしてしまう人をあと1人減らす(予防する)ためには、何人の患者に、ダビガトランを飲んでもらう必要があるのか」という最初の問いに対する答えは、約170人ということになります。

 この約170人という数値は、「ある治療による恩恵を受ける人をあと1人増やすために必要な、その治療を受ける人数」と言い換えることができます。これを縮めて「治療必要数」、英語では「Number Needed to Treat」、略して「NNT(エヌエヌティー)」といいます(念のため申し添えますが、NTTではなくNNTです)。

治療必要数(NNT)の値が小さいほど治療効果が大きい

 NNTは、簡単な計算で求められます。比較したい両群間の差(前回の記事で言えば「絶対的な表現」)をとって、その逆数を取ればよいのです。式にすると、(1÷[絶対値の差])です。RE-LY試験の例で計算すると、NNTは、(1÷[0.0169-0.0111])=(1÷0.0058)=172.4人となります。

 NNTを用いれば、治療法や予防法の効果を、たった1つの数値で表すことができます。もうお分かりかもしれませんが、NNTは、数値が少ないほど効果が大きいことを意味します(恩恵を受ける人をあと1人増やすのに必要な人数が少なくて済むわけですから)。NNTが10の治療法と、NNTが100の治療法とでは、NNTが10の治療法の方が、効果が大きいといえます。このように、NNTは、複数の方法を比較するときにも便利です。

北澤 京子(きたざわ きょうこ)
医療ジャーナリスト・京都薬科大学客員教授
北澤 京子(きたざわ きょうこ) 著書に『患者のための医療情報収集ガイド』(ちくま新書)、訳書に『病気の「数字」のウソを見抜く:医者に聞くべき10の質問』(日経BP社)など。(撮影:直江竜也)

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.