日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 病気にまつわる数字の話  > “ピーチ病”にご用心  > 2ページ
印刷

病気にまつわる数字の話

“ピーチ病”にご用心

統計の仕組みを知って盲信は避けよう

 北澤 京子=医療ジャーナリスト

科学的な結論はP値だけでは決められない

 臨床研究では、P値が0.05(5%)未満であれば帰無仮説が間違っているとして、AとBは「統計学的に有意な差がある」と表現することが多いです。薬の有効性を評価するための臨床試験などでよく見かける表現です。

 この「統計学的に有意な差」があるかどうかは、あたかも勝負を判定するリトマス試験紙のように扱われている実態があります。しかしこの点については、以前から批判がありました。

 P値が0.049なら0.05より小さいので「有意差あり⇒有効」と考え、P値が0.051なら0.05より大きいので「有意差なし⇒有効とはいえない⇒無効」と考えてよいかといえば、そんなわけはありません! P値は連続的な値なので、0.05を境にスパッと分かれるはずがないですし、0.05という値も、閾値として慣習的に使われている(だけの)値です。0.05とは、5%の誤差は受け入れるということですので、もしも閾値を0.06にすれば(6%の誤差は受け入れる)、0.049でも0.051でも「統計学的に有意な差」になりますし、閾値を0.04にすれば(4%の誤差は受け入れる)、いずれも「統計学的に有意な差」ではなくなってしまいます。

 こうした“P値信仰”ともいうべき風潮に関して、米国統計学会は2016年3月に声明を発表しました。これは、177年の歴史のある同学会で初めてのことだそうです(Nature. 2016;531:151.)。この中で、「科学的な結論、ならびにビジネスや政策上の判断は、P値が特定の閾値を超えるかどうかだけに基づいてなされてはならない」とはっきりと述べられています。

【米国統計学会のP値に関する声明:文脈、プロセス、目的(抜粋)】
  • (1)P値は、データが特定の統計モデルにどのくらい不適合かを表すことができる
  • (2)P値は、検討された仮説が真である確率、あるいは、データがランダムな偶然だけにより得られた確率を測っているわけではない
  • (3)科学的な結論、ならびにビジネスや政策上の判断は、P値が特定の閾値を超えるかどうかだけに基づいてなされてはならない
  • (4)正しい推論には、完全な報告および透明性が必要である
  • (5)P値あるいは統計学的有意性は、効果の大きさや結果の重要性を測っているわけではない
  • (6)P値だけでは、あるモデルや仮説に関する根拠(エビデンス)の良い基準にはならない

(出典:Ronald L. Wasserstein & Nicole A. Lazar (2016): The ASA's statement on p-values: context, process, and purpose, The American Statistician, DOI: 10.1080/00031305.2016.1154108)

 健康食品の広告に出てくるグラフなどで、P値そのもののほか、「統計学的な有意差」という表現が出てくることがあります。それを理由に、まるで鬼の首を取ったかのように食品の機能を強調していれば、きっと「ピーチ病」にかかっているのです。

北澤 京子(きたざわ きょうこ)
医療ジャーナリスト・京都薬科大学客員教授
北澤 京子(きたざわ きょうこ) 著書に『患者のための医療情報収集ガイド』(ちくま新書)、訳書に『病気の「数字」のウソを見抜く:医者に聞くべき10の質問』(日経BP社)など。(撮影:直江竜也)

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「糖尿病」は予備群のうちに手を打つ

    話題の「食後高血糖」や「血糖値スパイク」って? 気になる最新情報を総まとめ

  • 男性ホルモンを増やす5つのポイント

    年齢とともに、男性ホルモンの低下から、体調が優れない、イライラする、よく眠れないという症状が表れる。こうした状態を放っておくと、身体機能の低下やうつ病、メタボリック症候群などの病気リスクが高まってしまう。男性ホルモンについて正しく理解し、どのように生活習慣を改めれば男性ホルモンが増え、ハツラツとした生活を取り戻せるのかについて、5つのポイントにまとめて紹介しよう。

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.