日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 病気にまつわる数字の話  > 医薬品の広告に「相対的表現」が多い理由
印刷

病気にまつわる数字の話

医薬品の広告に「相対的表現」が多い理由

「2割引」と「1000円引き」、どちらがお得?

 北澤 京子=医療ジャーナリスト

「5年生存率」「検査陽性」「基準値」「平均余命」「リスク」…。皆さんは、ニュースで見かける健康・医療関連の数字の意味を、正しく理解していますか? カラダにまつわる「数字」について、誤解しがちなポイントを分かりやすく解説するとともに、数字の読み方、解釈の仕方についても、わかりやすく説明します。

東京のおばちゃんと大阪のおばちゃんの違い

 インターネットの質問サイトで「東京のおばちゃんと大阪のおばちゃんは、どこが違うのですか?」という質問を見つけ、つい読んでしまいました(私は現在、大阪に住んでいるのです)。回答は「東京のおばちゃんは、自分の持ち物の中で高いものを自慢するが、大阪のおばちゃんは、自分の持ち物の中で安いものを自慢する」。

 確かにその通りです。大阪のおばちゃんが、「これ、いくらで買ったと思う?」と話しかけてきたら、見た目よりちょっと安い(けれど極端には安くはない)値段を言うのがエチケット。おばちゃんは「そう見える? 実はバーゲンで○○やってん」と、予定通り(?)、さらに安い値段で買ったことを自慢してくれます。

お得な印象を受けるのはどっち?

一般的に、相対的表現の方が効果が大きい印象を受ける。(©marinini-123rf )

 上のセリフで○○に入る、値引きを表す表現には2種類あります。1つは「1割引」「7掛け」「半額」など値引きの“割合”を示す方法で、もう1つは「1000円引き」「1万円引き」など値引きの“絶対額”を示す方法です。前者は値引きの“相対的”な表現、 それに対して後者は“絶対的”な表現と言い換えることができるでしょう。

 面白いことに、値引きを相対的に言われるのと、絶対的に言われるのとで、受ける印象が異なります。例えば、5000円の商品を、4000円で買ったとしましょう。相対的な言い方だと「2割引」、絶対的な言い方だと「1000円引き」で買ったことになります。2種類の言い方を比べると、相対的な言い方のほうが、より“お得”な印象を受けるのではないでしょうか。

 ですが、もちろん、実際にどれだけ“お得”なのかは、その商品の元の値段によって違います。元の値段が5000円なら、「2割引」と「1000円引き」は同じ(5000円→4000円)ですが、2万円だった場合、「2割引」なら1万6000円、「1000円引き」なら1万9000円となり、2割引の方が安く買えます。しかし、2000円だった場合、「2割引」なら1600円、「1000円引き」なら1000円なので、むしろ1000円引きの方が安く買えることになります。つまり、元の値段が高いほど、“相対的”な値引きの方が、実際に“お得”になるわけです。

効果が大きい印象を受ける「相対的表現」

 病気の予防効果でも、同じことが言えます。ある予防法(薬、運動など)の効果を表す方法には、“相対的”な言い方と“絶対的”な言い方があります。そして、相対的な言い方の方が“お得”、つまり効果が大きい印象を受けます。

1/2 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策NEW

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.