日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 病気にまつわる数字の話  > 乳がん検診で「死亡率」は下がる? 下がらない?  > 2ページ目
印刷

病気にまつわる数字の話

乳がん検診で「死亡率」は下がる? 下がらない?

がん検診で決められた対象年齢が最もベネフィットが大きい

 北澤 京子=医療ジャーナリスト

アメリカでは50~74歳でマンモグラフィー検診を推奨

 アメリカではどうでしょうか。2016年1月に発表された米国予防サービスタスクフォース(USPSTF)によると、平均的な50~74歳の女性に対して、2年に1度のマンモグラフィー検査が推奨されています。検診によるメリットが最も大きいのは60~69歳の女性です。

 40~49歳では推奨する度合いがやや下がります。乳がんによる死亡を減らすというメリットはあるものの、偽陽性と出て不要な生検を受けるデメリットも考えられるため、検診を受けるかどうかは、医師と相談して個別に決めてほしいと述べています。ただし、親やきょうだいに乳がんになった人がいれば、自分も乳がんになるリスクがより高いと予想されるので、検診を受けることのメリットがその分大きくなります。

 具体的な数値を確認しておきましょう。乳がん死亡率減少効果について先行研究を精査した論文(Ann Intern Med.2016;164:244-55.)によると、39~49歳では8%(相対リスク0.92[95%信頼区間*0.75-1.02])50~59歳では14%(0.86[95信頼区間0.68-0.97]、60~69歳では33%(0.67[95%信頼区間0.54-0.83])、70~74歳では20%(0.80[95%信頼区間0.51-1.28])でした。50~69歳の女性1万人が10年間検診を受けた場合、12.5人が乳がんによる死亡を免れる計算になるそうです。

*95%信頼区間とは、仮に同じ研究を100回行ったとしたら、そのうち95回で、結果がその区間のどれかの値をとるという意味です。相対リスクが1より小さい(=乳がん死亡率が減る)と推定されたとしても、95%信頼区間が1をまたいでいれば、1より小さい(=乳がん死亡率が減る)こともあれば1より大きい(=乳がん死亡率が増える)こともあるということで、乳がん死亡率減少効果は、統計学的に有意ではないと解釈します。95%信頼区間が1をまたいでいなければ(=95%信頼区間の上限でも1を超えていなければ)、100回行ったうち95回は乳がん死亡率が減るということで、統計学的に有意な差をもって、乳がん死亡率は減ると解釈します。

 ただし、死亡を減らすといっても、それはあくまで乳がんによる死亡のことです。死因を限定せず、すべての死因をまとめた総死亡率減少効果は認められませんでした(相対リスク0.99[95%信頼区間0.97-1.002])。

そのがんによる死亡は減ってもトータルの死亡は減らない

 この点について、総死亡が減らないのに、検診が有効であると言えるのかと疑問を呈する人もいます(BMJ.2016;352:h6080.)。実は、乳がん検診に限らず、がん検診により早期発見・早期治療が行われ、そのがんによる死亡率が減ったとしても、総死亡の減少効果がランダム化比較試験で確認されているものはほとんどないとのことです(Int J Epidemiol.2015;44:264-77.)。

関連記事
北澤 京子(きたざわ きょうこ)
医療ジャーナリスト・京都薬科大学客員教授
北澤 京子(きたざわ きょうこ) 著書に『患者のための医療情報収集ガイド』(ちくま新書)、訳書に『病気の「数字」のウソを見抜く:医者に聞くべき10の質問』(日経BP社)など。(撮影:直江竜也)

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

  • 怖い緑内障 忍び寄る失明を回避するには

    緑内障は放っておくと失明を招く怖い病気だが、病気が進んでも中心部の視力は保たれるため、自分ではなかなか気づきにくい。本記事では、緑内障による失明を回避するために知っておきたい期症状の特徴や、早期発見のために必要な検査、最新治療などについてコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.