日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 病気にまつわる数字の話  > 機能性表示食品の科学的根拠はこうチェックする!  > 3ページ目
印刷

病気にまつわる数字の話

機能性表示食品の科学的根拠はこうチェックする!

消費者庁サイトに掲載されているエビデンスの読み解き方

 北澤 京子=医療ジャーナリスト

臨床試験の結果を自分にあてはめられるか

 ダイエット効果において、重要なのはその程度です。BMIが30.0から29.4になるということは、身長161cm(1.61m)の人の場合、77.8kgから76.2kgになることを意味します。1.6kg分ダイエットできたわけですが、この程度では残念ながら、見かけ上はさほど変わらないかもしれません。同様に、腹部内臓脂肪面積は、14.7cm2、つまり3.8cm四方分が減った計算になります。

 このように、論文をチェックすることにより、基本情報に書かれているアウトカムがどの程度のものなのか、大きさを知ることができます。単に「内臓脂肪を減らすのを助け、高めのBMIの改善に役立つ」と言われるのと比べると、受ける印象が異なるのではないでしょうか。

「機能性」の効果が自分にも期待できるかの見極めも大切。(©Rui Santos-123rf )

 基本情報のアウトカム、つまり「ラクトフェリン群(I)は対照群(C)に比べて、腹部内臓脂肪面積は平均で12.8cm2、BMIは0.9kg/m2低い値となった」という意味を確認しておきましょう。

 BMIが0.9減ったというのは、ラクトフェリン群では0.6減り、対照群では0.3増えたために、差を取ると0.9減ったことになるという計算だと思われます。腹部内臓脂肪面積も同様に、対照群との差を取った数値を出しています。

 しかし、消費者にとっては、ナイスリムを飲むか、飲まないかの選択が問題なのであって、ナイスリムを飲まなければ乳糖入りの別のサプリを飲むわけではありません。試験結果の記載の仕方としては正しいのですが、消費者向けの情報としては、より分かりやすくするためにもう一工夫あればと感じました。

 加えて考えないといけないのは、肥満の人を対象にした臨床試験の結果を、それほど太っているわけではない人にも当てはめられるのかという点です。基本情報でも、「本試験は、BMI25以上の腹部肥満傾向の方を対象にした試験である」と但し書きがあります。臨床試験参加者のBMIから考えると、BMIが25~27程度の人、さらにはそれ以下の肥満ではない人にダイエット効果があるかどうかについては、(調べられていないので)不明です。

 今回はラクトフェリンを例にPICOを確認し、そこに示されているデータの意味を考えてみました。機能性表示食品は、制度上は表示内容に関する審査がなく、メーカーなどがエビデンスを届け出ければ表示が可能な仕組みです。言い換えれば、選択と利用は消費者の自己責任に委ねられています。それだけに、積極的な活用を検討されている方は、届け出内容についても注目してみてください。きっと参考になるはずです。

北澤京子(きたざわ きょうこ)
医療ジャーナリスト・京都薬科大学客員教授
北澤京子(きたざわ きょうこ) 著書に『患者のための医療情報収集ガイド』(ちくま新書)、訳書に『病気の「数字」のウソを見抜く:医者に聞くべき10の質問』(日経BP社)など。(撮影:直江竜也)

先頭へ

前へ

3/3 page

日経グッデイ初割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.