日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 病気にまつわる数字の話  > がん検診のメリットは「絶対値」で考えよう  > 2ページ目

病気にまつわる数字の話

がん検診のメリットは「絶対値」で考えよう

「死亡率」など、数字のインパクトに紛らわされないで

 北澤 京子=医療ジャーナリスト

 インタビューでは、「マンモグラフィーにより、乳がんで亡くなる人が、1000人中何人減ると思いますか」と尋ね、複数の選択肢(減らない、1人、10人、50人、100人、200人、分からない)の中から選んでもらいました。その結果が以下です。

図1◎ マンモグラフィーで乳がん死亡が「1000人中何人減るか」、回答した人の割合
図1◎ マンモグラフィーで乳がん死亡が「1000人中何人減るか」、回答した人の割合

 「1000人中1人」と正しく推定できた人の割合は、ドイツ0.8%、ポーランド0.8%、フランス1.3%、イタリア1.3%、オランダ1.4%、などと総じて極めて少なく、ほとんどの人がメリットを過大評価していました。

 しかも、イギリスでは26.9%、フランスでは23.7%もの人が、「1000人中200人」がメリットを受けると誤解していました。ギーゲレンツァー氏はこの点について、1000人につき5人から約4人に減ったことを「死亡率の20%削減」と相対的に理解していた(相対リスク減少)からだろうと解釈しています。「20%」という数値が印象に残っているので、1000人×0.2(20%)=200人がメリットを受けると勘違いしたのではないかと述べているのですが、ありそうな解釈です。

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.