日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > Dr.松倉のサプリのすすめ  > 疲労回復、集中力アップにはビタミンB群をガッツリ摂る
印刷

Dr.松倉のサプリのすすめ

疲労回復、集中力アップにはビタミンB群をガッツリ摂る

1日4000㎎以上を推奨、多すぎるぐらいがちょうどいい

 松倉知之=松倉クリニック&メディカルスパ院長・医師

忙しい日々のなか、健康のため、若々しさアップのためにサプリメントを活用するビジネスパーソンは多いはず。でも、そのサプリメントが体内で十分に力を発揮していないとしたら? いま注目の理論「分子整合栄養医学」をもとに、松倉知之先生があなたにとって本当に必要な栄養素と、“本当に効く”サプリメントのとりかたを提案します。

あまり知られていないビタミンBの働き

 次の状態に心当たりがある人は「ビタミンB群不足」かも?

  • 仕事の集中力が続かない
  • 疲れがたまっている。なんだかだるい
  • 最近、酔いが早く回るようになってきた
  • お酒が翌日に残る。二日酔いが治りにくい

 今回は、耳にすることは多いけれどその働きはあまり知られていないビタミンB群のお話です。忙しくて、パンやおにぎり、麺類など糖質中心の食生活を送る人は、糖を消費する際に費やされるビタミンB群が根本的に不足しています。さらに、集中を強いられる局面が多い人、飲酒量や飲酒頻度が多い人も、積極的にB群を摂るように意識することが大切です。

 ビタミンB群とは、体に入った栄養成分をエネルギーに変えるときに不可欠なビタミンの仲間です。

 B1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチンの8種類を総称して「ビタミンB群」と呼んでいます。B1は糖の代謝を進め、B2は脂肪の分解を促し、B6はタンパク質の分解と合成を助けるなど、8種類すべてが互いに協力しあって体のエネルギーを生み出すプロセスに関わっているために、「B群」というチームとして認識する必要があります。B群はこうした機能を有しているので、疲労回復のドリンク剤などにもよく配合されています。

 また、B群は、体内で起こっている「酸化」の抑制にも間接的に関わります。B群は体中の細胞の正常な代謝活動を助ける「補酵素」として、欠かせない存在なのです。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 青魚のDHAやEPAで、血管を若返らせて、メタボも抑制!

    サバ、イワシなどの「青魚」の健康効果が注目されている。青魚にたっぷり含まれるDHAやEPAは、血管を若返らせ、メタボを抑制したり、認知症のリスクを下げる効果も期待できる。手軽に食べられる「サバ缶」や「イワシ缶」も人気で、カルシウムもしっかりとれるため、骨粗鬆症の予防にもなる。

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.