日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Dr.松倉のサプリのすすめ  > 「血圧が高め」が気になったら、3大ミネラルを補給  > 3ページ目
印刷

Dr.松倉のサプリのすすめ

「血圧が高め」が気になったら、3大ミネラルを補給

カリウム、カルシウム、マグネシウムで血圧を適正化!

 松倉知之=松倉クリニック&メディカルスパ院長・医師

 忙しくてなかなか食事だけではとりきれない分 は、サプリメントで補いましょう。厚生労働省がまとめた「日本人の食事摂取基準(2015年版)」の摂取基準量を参考に、以下の量を1日数回に分けて取ってみましょう。

  • カリウム(18歳以上):
    男性は1日当たり2500mg、女性は1日当たり2000mg

  • カルシウム(18歳以上):
    男性は1日当たり800mg、女性は1日当たり650mg

  • マグネシウム(18歳以上):
    男性1日当たり340mg、女性は1日当たり270mg

 カリウムのサプリメントをベースに、カルシウムとマグネシウムはセットで取るのが良いでしょう。ちなみに、私のクリニックでは、高血圧の改善を目的にサプリメントを使う方には、1日当たり、カリウムは2300~4700mg、カルシウムは1000~1300mg、マグネシウムは400~1000mgを使ってもらっています。市販のサプリメントでは、「食事摂取基準」に示された摂取量をしっかり取るよう心掛けましょう。

糖質過剰が高血圧の下地を作っている

 もう一つ、高血圧に導く隠れた要因に、「糖質過剰」があることも知っておいてほしいと思います。本連載ではこれまで、糖質にまみれた生活によって血糖値が乱高下し、その結果、イライラしたり、食後眠くなったりする“弊害”について解説してきました(参考記事:飽食時代の現代人に忍び寄る「栄養失調」)。血圧の上昇には、血糖値を下げようと働くホルモン、インスリンが大きく関係しています。

 インスリンは多く分泌され続けると、次第に効きが悪くなってしまいます。このような状態を「インスリン抵抗性」と呼びます。血液中にインスリンが多く存在する状態では、(1)交感神経が緊張し(2)腎臓でナトリウム(塩分)が排泄されにくくなり(3)血管壁を構成している細胞の活性が促進される―といった現象が起きて血管が広がりにくくなり、血圧が高くなります。

 このように、糖質を絶えず体に入れることは、高血圧の下地作りをせっせとしているようなものなのです。「主食の量を軽めにし、炭酸飲料や甘いものは控える」。サプリメントに加えて、日常の食事でできることも一緒に始めてみましょう。

運動によるこまめなリフレッシュも高血圧対策になる

 高血圧には精神的ストレスも大きく関わるとされていますから、こまめにリフレッシュすることも大切にしてください。気分転換になり、かつ高血圧対策にも有効なのが、運動です。

 運動というとみなさん、「ジムに行ってたっぷり体を動かさないとダメ」と思うようですが、もっと気楽に考えて構いません。夕食後に散歩をする、あるいは家の中で腕立て伏せや腹筋を1日1度行うことから始めてみませんか。毎日続けることが大切なのです。続けていると次第に数もこなしていけるようになっていきます。そんな発想で、毎日続けられそうなことは何かな、と探してみましょう。私のクリニックでも、血圧が高めの人には、ちょっとした運動から始めるようにお話ししています。

(まとめ:柳本 操=フリーライター)

松倉知之(まつくら ともゆき)
松倉クリニック&メディカルスパ(東京都渋谷区)院長・医師
松倉 知之(まつくら ともゆき) 1962年東京生まれ。1988年北里大学医学部卒業、同大形成外科勤務。99年より現職。ボトックス、ブルーピール、レチノイン酸などを日本に導入したことで知られる。一人ひとりの患者に結果の出る最良の治療法を提示することを信条とする。日本形成外科学会・日本美容外科学会・日本整形外科学会・国際形成外科学会専門医、医学博士。

先頭へ

前へ

3/3 page

日経グッデイ初割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.