日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Dr.松倉のサプリのすすめ  > 「血圧が高め」が気になったら、3大ミネラルを補給  > 2ページ目
印刷

Dr.松倉のサプリのすすめ

「血圧が高め」が気になったら、3大ミネラルを補給

カリウム、カルシウム、マグネシウムで血圧を適正化!

 松倉知之=松倉クリニック&メディカルスパ院長・医師

カリウムで塩分の排出をスムーズに

取り過ぎたナトリウムを追い出すのに有効なサプリメントは?(©Aaron Amat -123rf)

 「血圧が高め」と指摘されたので、血圧計を買って毎朝計測しながら、食事の塩分をできるだけ減らそう、と努力している人もいるかもしれません。

 高めの血圧を改善したいときに、栄養成分の視点から重要となるのが、ナトリウムとカリウムのバランスです。塩分に含まれるナトリウムは摂り過ぎると血圧が上がることはよく知られており、塩分摂取量の多い東北地方では高血圧の人が多いことが古くから注目されてきました。

 塩辛いものを食べると水分がほしくなります。これは、体内のナトリウム量が増えるのを、水で薄めようとする体の仕組みによるもの。「水分量が増加すると血液の量も増え、血液を送り出すのに余計に圧力をかけなくてはいけなくなる」。これが、塩分によって高血圧が引き起こされるメカニズムです。むくみもナトリウムの取り過ぎが原因で起こりやすくなります。

 ナトリウムを排出に導くのが、カリウムです。ナトリウムとカリウムの生体内での適正比率は決まっており、外食が多い、味の濃い料理を好むなど、ナトリウム摂取が多い人ほど、カリウムを必要とします。カリウムは野菜や果物に豊富ですが、忙しい毎日だとなかなか摂取しにくく、不足気味になりやすいと思います。

カルシウムとマグネシウムで血管の動きを正常化

 さらに注目したい栄養成分が、カルシウムとマグネシウムです。これらの不足も、血圧を上げる要因となります。

 カルシウムの摂取量が不足すると、骨の中のカルシウムは減るのに、血管の細胞中では増えるという現象が起こります。 カルシウムには血管壁を収縮させる働きがあるため、血管が必要以上に縮むと、血圧が上がってしまいます。

 一方、マグネシウムには筋肉を緩ませる(弛緩させる)作用があります。カルシウムとマグネシウムが1:1の割合でバランス良く存在すると、血管も正しく収縮と弛緩を繰り返し、血液をスムーズに押し流してくれるのです。なお、カルシウムとマグネシウムのバランスが崩れると脚などの筋肉がつりやすくなります。

 高血圧の治療では、血管細胞中のカルシウムの働きを阻害する「カルシウム拮抗薬」を使うことがあります。ただ、このような薬は血管だけでなく全身の細胞にも作用してしまうために、長く飲み続けるのは問題だと私は考えています。また、日本人のカルシウムとマグネシウムの摂取量は、慢性的に不足していることがいわれています。

 薬が必要になる前に、体内のカリウム、カルシウムとマグネシウムの3つのバランスを正すことで、血圧を適正化することが大切です。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.