日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > Dr.松倉のサプリのすすめ  > 「血の巡り」を高めて眼精疲労に効くサプリ  > 3ページ
印刷

Dr.松倉のサプリのすすめ

「血の巡り」を高めて眼精疲労に効くサプリ

血液循環と抗酸化力の底上げで目の調子を良くする

 松倉知之=松倉クリニック&メディカルスパ院長・医師

紫外線によっても目はダメージを受けている

目が重く感じたり、痛みがある上に、首や肩の凝り、頭痛や吐き気が伴う場合は眼精疲労を疑います
目が重く感じたり、痛みがある上に、首や肩の凝り、頭痛や吐き気が伴う場合は眼精疲労を疑います。(©Jasmin Merdan-123rf)

 目は紫外線にさらされやすい、つまり、常に活性酸素にさらされている臓器でもあります。活性酸素とは周囲の物質を酸化させる力が強い酸素のことです。

 細胞内には、活性酸素によるダメージから体を守るために「グルタチオン」という抗酸化物質が待機しています。しかし、年齢とともに細胞内のグルタチオンの濃度は下がり、活性酸素の攻撃に対して脆弱になってしまいます。

 さらに、疲れると甘いものや炭水化物を欲するような人は、体内で酸化物質が増えやすくなっていると考えられます。血液中の糖が過剰になると、体内では糖を代謝する仕事をフル回転で行うこととなり、その結果、代謝産物である酸化物質が多く発生します。糖尿病の患者さんが「糖尿病性網膜症」になり、失明に至るのはこのような糖質過多の食習慣の蓄積が関係しているのです。

「ナットウキナーゼ」と「抗酸化サプリ」で目の健康を底上げ

 眼精疲労というと目薬を処方されたり、加齢性黄斑変性の進行を抑えるとされる色素成分「ルテイン」などが注目されがちですが、もっと基本的な目の働きに欠かせない「血液循環」と「抗酸化」をキーワードにしたサプリメントを補うことも、大切にしてほしいと思います。

 血液循環を良くする働きがあり、副作用もなく安全に飲めるサプリとしてお薦めなのが、納豆から抽出される酵素「ナットウキナーゼ」です。摂取上限量(ナットウキナーゼ協会が定めた推奨値)である1日当たり2000FUを目安に取ってみましょう。ちなみに私のクリニックでは、患者さんの体調を確かめながら3000~5000FU処方しています。

 目を「酸化」というダメージから守るには、細胞膜を通過して細胞内に入り込む水溶性の物質であるビタミンCと、細胞膜に待機して抗酸化能を維持する脂溶性の物質であるビタミンEの両方が必要です。さらにαリポ酸を組み合わせると、ビタミンC、ビタミンEの抗酸化力をさらに高め、長続きさせることができます。

 ビタミンCは1日当たり2000mg取れば良いでしょう。水溶性なので、使われなかった分は次々排せつされていきます。ですので、1回にまとめて飲むのではなく、1日4~5回に分けるなどしてコンスタントに補給していくのがお勧めです。ちなみに、ビタミンCの必要摂取量は100mgですが、これはビタミンC不足が引き起こす壊血病を防ぐために決められた数値です。治療を目的とする分子整合栄養医学では、2000mg程度服用すれば効果が得られると考えられています。

 一方のビタミンE(トコフェロール)は、耐容上限量を超えないように取ってください。α、β、γ、δの4種類を含むトコフェノールであれば800IUとなります。600IU以上なら眼精疲労の改善効果を実感できるはずです。ビタミンEは過量に摂取すると、出血のリスクが高まるため、飲み始めたから不調を感じた場合には、医療機関を受診するようにしてください。

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト 日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.